山王地区文化展

今年も21日(日)に山王地区文化展を開催します

10月18日文化展ちらし_002

くるまや軽便鉄道も今年最後の公開運転をいたします

お近くの方、また遠方の方は高山観光を兼ねてお出かけください

前日の20日(土)は体験教室・新嘗祭・文化展準備と大忙しです

広告

レールクリーナー

鉄道模型の運転前のレール清掃に使う「レールクリーナー」

クリーナーの効果がよ~くわかりました

wp_20181017_12_15_14_pro.jpg

デジタルカメラのバッテリーが充電しなくなりました

バッテリーの寿命と思いましたが・・・接点をレールクリーナを湿した綿棒で磨きました

(カメラ側の接点も)

無事にバッテリーが復活して約4000円、助かりました

wp_20181017_12_17_32_pro.jpg

クオーツ時計が止まりました

単三乾電池を新品にしても、数分後にはまた停止します

乾電池押さえの接点を同様に清掃しました

また時を刻み始めました

ありがたや

3年ぶりの明治村

昨日は3年ぶりに明治村へ行ってきました

WP_20181014_08_11_41_Pro

120人がバス3台に分乗して、今回は引率の立場で参加です

WP_20181014_12_42_16_Pro

鉄道記念日だったことも忘れてましたが、ほんの少し撮影しました

前回の撮影はコチラ

WP_20181014_13_13_21_Pro

京都市電にも乗車

WP_20181014_14_22_42_Pro

ハイカラバスも乗りました

WP_20181014_15_33_34_Pro

モンテールの工場売店でお土産を買って帰宅しました

 

第14回軽便鉄道模型祭 

第14回軽便鉄道模型祭は台風の影響を受けながらも無事に終了いたしました

ご来場いただいた皆様、事務局の方々、そして駿遠倶楽部メンバー まことにありがとうございました

また資材課で用意した各種素材をお買い上げいただきありがとうございました

どれも数量が少なく、ご迷惑をお掛けいたしました

9月30日軽便祭_018

根松駅3部作 手前から細江道上「列車は時計代わり」

SN01543

中間が昨年作った「根松駅」

その向こうに坂口谷川「鮒釣り」

なんと撮影していませんでした

SN01542

9月30日軽便祭_017

袋井側の「冬枯れの七軒町」

SN01541

その奥の茶色の基板はバックヤードで動力車の機回し用です

車両は何とか塗装を済ませましたが、整備不良であまり活躍できず残念な結果となりました

整備が済んでからご紹介いたします

駿遠倶楽部資材課特製品 その6

いよいよ明日の午後から鉄道讃歌、そして30日は軽便鉄道模型祭です

本日、資材課に駿遠倶楽部応援メンバーの「藤枝・五十海工場」より

駿遠線貨物倉庫が届きました

昭和45年、廃線当時は新藤枝駅構内にワ18がダルマさんになって置かれていました
SN01538

倉庫として残されていた・・・幻のワ18貨物倉庫・・・
9月28日貨物倉庫_001

レーザーカットの素晴らしい組立キットです
軽便鉄道模型祭 限定20セット 特別価格1000円です

なお、資材課で頒布する模型素材は数量が少なく、多くの皆様にご購入いただくために、

各商品おひとり様一品とさていただきますので、ご了承ください

駿遠線の書籍、写真集も特別価格にてお分けいたします

4階に駿遠倶楽部資材課・5階に駿遠倶楽部を出展しています

今年のテーマは 「自動往復運転とDCC運転の共演」です
SN01539

お楽しみに軽便鉄道模型祭へお出かけください

台風24号が近づいており、予定通りに進むことを祈っています

クレオス アクリジョン

皆さん鉄道模型の塗装にはどんな塗料をお使いですか

私は 1.入手しやすいもの(高山市内で購入可能なもの)

2.臭いの少ないもの

昨年からクレオス「水性カラー アクリジョン」を使い始めましたが(水性ホビーカラーから乗り換え)

どうもうまく塗れません

WP_20180923_13_10_04_Pro

エアブラシ用専用アクリジョンうすめ液も使っています(説明通りに1:1)

アクリジョンを使ってみて水性ホビーカラーと比較すると

1.隠ぺい力が低い

駿遠線用に調色した黄色をサーフェイサーに吹きつけても全くダメ

(結局サーフェイサー共々、塗装を剥がしました)

駿遠線用に調色した紺色の上に黄色を重ねてもダメ

2.ノズルにアクリジョンが詰まり(固まり)、噴出さなくなり作業効率が悪い

ノズルが固まらない程度まで薄めると、シャバシャバで垂れてダメでした

何度も塗装作業を繰り返し、アクリジョンの扱い方、コツをマスターすれば良いのでしょうが・・・難しいです

WP_20180923_13_30_14_Pro

天気塩梅を見ながらの作業でしたので、覚悟して!

WP_20180923_13_10_17_Pro

アクリジョン紺色の上に水性ホビーカラーの黄色(調色済)を吹きつけました

明日は車体側面をマスキングして屋根の塗装に進みます

結果はどうなるか、お楽しみと言うよりも心配です

下地の紺色も垂と、ブツブツで修正できるかもわかりません

多分、エアブラシには水性ホビーカラーを使うことに戻りそうです