塗装作業中

軽便鉄道模型祭まで一ヶ月半となりました

塗装作業を進めており

DSCN3293.JPG

昨年、クレオス アクリジョンの吹き付けで苦労をしたので

今年は水性ホビーカラーに戻りました

写真は青を吹き付け後マスキングした状態

DSCN3298

黄色を吹き、屋根塗装待ちです

7月に燕市に行った時に買ってきたもの

DSCN3296

「精密やっとこ」真鍮線の手すり曲げに使いました

「非粘着加工のピンセット」マスキングテープ貼りに役立ちました

 

広告

なかよし鉄道

尾小屋からキハ3を下ろしたとのことで、久しぶりに粟津のなかよし鉄道へ行ってきました

DSCN3318

その後尾小屋へ

DSCN3332

さらに

DSCN3355

酷道と呼ばれる「国道416号」が昨年、尾小屋から福井県勝山へ抜けれるようになったので怖い物見たさで尾小屋駅跡地からへ

途中の様子は撮影しませんでしたが、うわさどうりの酷道で・・・対向車との行き違いに気を遣いました

ナビでは消えているところにゲートがあり、ここから新規開通区間

DSCN3360

DSCN3364

石川県側 下に見えるのが国道で一気に上ってきました

DSCN3365

峠の頂上、ここから福井県です

DSCN3366

峠にはお地蔵さんが祀られています

DSCN3367

勝山へも急な坂道が続いていました

石川県側の集落はほどんど途絶えており、国道416号の開通の意味は疑問です

尾小屋から勝山まで約30Km 1時間でした

 

 

古文書に格闘中

来年度の新高山市史が「屋台・民俗編」とのことで、高山祭の屋台「鳳凰臺」の歴史の見直しをしています

今までに出版された祭り屋台の記録書を比べると、年代などの記載に違いが見つかります

鉄道の歴史書に見られる「誤り」も同様、一旦出版された書籍にあった「誤り」がその後に

出版された書籍に引き継がれて広まってしまいます

そこで「古文書」から調べ直しをしています

20190809SS00001

私は古文書解読の初心者ですので、拾い読みしかできませんが・・・

先輩の解読されたものを参考にして進めています

「卯」は天保2年、「辰」は天保3年となります 「辰正月晦日 新屋台斧始・・・」

何度も何度も眺めて、文字に慣れていくしかなさそうです

そんな分けで、模型作業は休業中です

 

 

 

車体保持台

皆さん、車体を塗装をする時にどのようなもので車体を保持されていますか?

私は今までは厚紙を車体内に差し込んでいましたが・・・

今回はコメリから桐の集成棒材を買ってきて

DSCN3280

逆T形の保持台を作りました(60cm棒2本で5台)

DSCN3281

ティッシュペーパーを挟んで固定します

DSCN3282

材料費200円、製作時間30分 こんな簡単ならばもっと早く保持台を作るべきでした

3Dプリントの表面

3Dプリント(DMM製)を観察すると

DSCN3264

扉の表面、窓枠には粉状のものが付着?しています

DSCN3267

窓の幅で段差が出ていたり・・・

今回はサーフェイサーを吹き付ける前にスポンジヤスリで磨くことにしました

(前回、積層痕が見えやすいようにとサーフェイサーを吹き付けてしまったら、粉状のものを覆ってしまい、処理に苦労したため)

根気のいる作業が続きます

そろそろ馬力をあげないと・・・

軽便鉄道模型祭の出展および出店者の発表がありました

コチラ 

今年も駿遠倶楽部は出展と物販出店をいたします

そろそろ馬力をあげないといけない時期に入りました

DSCN3259

3Dプリントの客車群 ハ101・107~115の10両です

DSCN3262

車体から台車とベンチレータを切り離して洗浄から始めます

「くるまや特製品」のご案内をご覧ください 

コチラ 

糸魚川街歩き

7月6日 時間にゆとりがあったので、糸魚川の街を歩きました

高校1年生だった、昭和43年8月 糸魚川駅から東洋活性白土へ歩いた時の町並はほとんど記憶がありません

まずは駅前通りから

DSCN3136

琺瑯看板をばらばらに貼り付けた商店 これではちょっと?です

DSCN3142

相馬御風宅

DSCN3164

昭和の雰囲気の残る雁木の家並み

DSCN3165

マキノの飴屋

DSCN3166

お土産に「チョコレート味」と「ゆきやなぎ」を買いました

DSCN3168

糸魚川らしい町並みが続きます

DSCN3176

糸魚川駅近くの飲み屋街 ごちゃごちゃ感が良いです

DSCN3177

駅構内の柵 1954年製

DSCN3178

波トタンの見本市 あり合わせで貼って数十年経過?

糸魚川2

電力量計を移動したため?

電気工事をしていた私の目からは許せません!

糸魚川1

大火復興の突貫工事、経年劣化が心配です(未来工業のミラフレキ)

お施主様に対してこれでは失礼です

町並みの景観って意外と難しいものです

 

糸魚川大火復興中

平成28年12月22日に糸魚川市で大火がありました

第2回パルトレイン(平成29年7月9日)の時には街を歩きました

家が解体されて空き地が広がっていましたが

20190715SS00001-2

大町展望台から望むと

DSCN3147

徐々に再建が進んでいました

DSCN3146

大火当時、街の側溝はほとんどが暗渠になっており、消防水利の役目をしていなかったようです

大町展望台角の暗渠に開口部を設置する工事も進んでいました

来年のパルトレインに伺った時も街を歩いて復興状況を見させていただきます

パルトレン報告

6日朝8時半、車一杯に積み込み糸魚川へ向かいました

DSCN3133

7日午前10時にオープン

今回の展示は

DSCN3217

DCC運転で大井川駅と根松駅で列車交換させました

DSCN3257

大井川木橋を渡る6連

2年ぶりに参加したパルトレンはパワーアップしていました

その他の報告は追々といたします

皆さんお世話になり、ありがとうございました