そろそろ

昨日、税務署へ確定申告をすませやれやれ、

2月も残り一週間ほど

SN01435

空中写真とグーグルマップを比較して、駅構内の延長を割出しました

約120mもあります

次は別案です

SN01434

こちらは黒枠で囲んだ範囲がモジュールサイズの910mm×200mm

実物寸法79m×17mになります

軽便鉄道模型では910×200の基盤にエンドレスを設置してぐるぐる走らせて遊ぶか

田舎の停車場のみの風景を作るか

いろいろな楽しみ方が選べますが、昨年に続き「駿遠線の駅」で進めたいと思います

 

 

広告

確定申告

久しぶりのブログ更新です

何事も中途半端な状況で2月も後半に入りました

SN01432

今年は自宅のパソコンで確定申告の書類を作成しています

何とかプリントアウトして税務署へ届けることができそうです

受理していただければ、来年からは「過去の年分のデータ利用」で簡単に作成できると期待しています

そろそろ動きださねばなりません

 

つらら

福井や金沢は昭和56年以降37年振りの大雪でたいへんなようですが

WP_20180207_15_23_18_Pro

有難いことに高山はそれほどの積雪はありません

昭和56年は高山でも「56豪雪」と呼ばれ、1月は毎日屋根の雪下ろし、宮川への雪捨てに追われました

その後、何度か屋根の雪下ろしをしましたが最近は雪下ろしまではせずにすんでいます

WP_20180207_15_23_26_Pro

屋根からのつららを観光客が撮影をして行くようです

室内の温かな空気が天井裏へ抜け、屋根の雪が融け、その後凍みます

つららの長い家は「室内が温か」か「断熱が不十分」の証拠です

雪が氷に変わっていますので、当然重くなり要注意です

もっと屋根全体が重くなると、室内の建具の開け閉めが固くなってきます

早く春がくるのを待っている今日この頃です

 

 

またもや富山方面へ

北陸の雪も一段落したようでしたので、またもや富山方面へ出かけました

高山⇒富山⇒立山町⇒滑川市⇒富山とまわり

昼は10数年ぶりに「麺専門店アラキ」

普通盛りでも麺の量は二玉ほどあり

WP_20180203_13_46_36_Pro

ホルモンうどん

WP_20180203_13_47_44_Pro

ホルモン中華

たいへん美味しくいただきました

帰り道、大沢野附近で空を見上げると

WP_20180203_17_08_46_Pro

大型のドローンが飛んでいました

2月3日大沢野ドローン_002

珍しいものを見ることができました

 

 

 

 

センター試験 その7

問題6は

SN01412

乗鞍岳の植生についての問題です

樹木の写真が見にくいのですが・・・SN01413

写真Aはハイマツ帯⇒高山帯

写真Bは落葉広葉樹林⇒山地帯

写真Cは針葉樹林⇒亜高山帯

よって正解はA・C・Bの②となります

乗鞍岳も活火山です

40年以上前に草津国際スキー場に行き、沢を振り子状に滑降しました

草津白根山の噴火で死傷された方にお見舞いを申し上げます

火山の恵みによって暮らしている日本 自然の驚異にはかないません

 

 

センター試験 その6

問題5です (問題4はコチラ)

SN01411

①交通条件の改善は旅行者数の維持を保証するものではない

交通条件が良くなっても、おもてなしなどの観光地の魅力を高めなければ観光客の増加はのぞめません 高山市、高山市民は頑張っています!

この問題は「地理問題」と言うよりも「経済問題」と言えるかもしれません 一応〇

 

SN01419.png

②県内市町村の中でも相対的に宿泊をともなわない通過型の観光地としての性格が強い

「県内市町村の中でも」と書かれているが、比較する資料、数値の記載がなく判断ができない

③2015年の高山市の宿泊客数の約2割を外国人観光客が占めている

26.8万人÷130万人≒20% 〇

④ヨーロッパやオセアニアの割合が高い

高山市(25.1%+6.6%)>全国(6.3%+2.2%) 〇

適当でないものは「判断できない問題」なので②となります

センター試験 その5

センター試験 高山問題を続けます

SN01410

問3 農林水産物について

高山で有名なもの

「朝市」「野菜」=ほうれん草・トマト 「肉用牛」=飛騨牛 「飛騨鰤」

昔は富山湾で上がった寒鰤を塩漬けして、越中街道を通って飛騨へ、さらに江戸街道の野麦峠を越え松本へと運ばれて「飛騨鰤」と呼ばれたようです

越中街道の終点が上二之町 川上魚問屋がありました

現在は高山市内のスーパーで塩漬けされて「塩鰤」として年末に売られており、年取りに食べます

WP_20171231_17_17_09_Pro

半養殖の塩鰤 一切れ1700円也(天然鰤はもっと高いです)

問題3の解答は「域内」「標高1000mをこえる山脈の峠を越え」⇒「松本」で④となります

今では高山でも富山からの新鮮な魚が入手できますが、富山・金沢・能登へと海鮮を食べに出かけています

 

牡蠣を食べに

19日、天気も良く、北陸の雪も一段落したようなので、能登へ牡蠣を食べに行くことにしました

東海北陸道、能越道で

WP_20180119_11_01_06_Pro

石川県と富山県境

前回は夏でしたので「岩牡蠣」でしたが

WP_20180119_11_49_03_Pro

七尾市中島町で看板を見つけた店に飛び込みで

WP_20180119_12_37_55_Pro

本当は予約が必要とのことでしたが、先客は1組でしたので入店できました

WP_20180119_12_38_08_Pro

メニューは「かきのフルコース」のみ

WP_20180119_11_55_31_Pro

牡蠣の炭火焼き(一人前10~12個だったか?)

焼けるのを待っている間に

WP_20180119_11_56_02_Pro

酢牡蠣(茹でてあります)

WP_20180119_12_09_24_Pro

プルプルに牡蠣が焼けて

WP_20180119_12_12_07_Pro

熱々の牡蠣フライに

WP_20180119_12_18_59_Pro

牡蠣めしに牡蠣の吸い物

満腹に、ご馳走さまでした

帰りは高速有料区間は使わずに富山経由でゆっくりと

WP_20180119_18_17_07_Pro

定食屋でまたもやたっぷりと食べて、帰宅しました

昨年末から氷見(寒ブリ)魚津(バイめし)、金沢(ホワイトギョウザ)そして七尾(牡蠣)と食べ歩きが続きました