ホーム断面

京商の角材1.5×2とタミヤのプラ板などを組み合せることにして

SN01155

ホームの断面図を描きました

駿遠線のホームの高さは低いので、設計上では7mm-PECOフレキ高さ3.5mm=3.5mmとなります

6月5日まで根松駅_002

実際にプラ材で組み立てたホームを置いてみました

根松駅の線路配置図をUPしていなかったので・・・こんなふうになっています

5月16日根松モジュール_007

サイズは1400×350です

5月16日根松モジュール_008

駅踏切側より、基板表面を田んぼとして多少凹凸をつけました

手前の接続部が「S-35J」です

 

ぼつぼつ作業再開

水道検針の時に「水漏れ」があると報告があり

5月29・30・31日水道工事_003

1カ所目水抜き栓の劣化、2カ所目の予想は土間下のため壁面へ露出配管で迂回

それでもまだ水漏れは直らず

3カ所目

5月29・30・31日水道工事_014

庭を掘り返してみると

5月29・30・31日水道工事_021

過去(40年前か?)の工事の時の施工不良、防蝕テープが巻いてない部分の鉄管に穴が開いていました

5月29・30・31日水道工事_024

新しい配管に取り換えて無事終了と思ったら

水圧の変化に伴い、洋便器のロータンクと小便器のの止水不良が発生・・・など

なんやかんやで修理に一週間かかりました

そんな訳で工作も進まず

6月5日まで根松駅_001.jpg

京商のプラ材を取り寄せて、次の作業に備えました

 

 

 

公園の大石

 

先日、近くの山王公園の山登り場に「大きな石」が転がってきたのに気づきました

WP_20170503_12_27_10_Pro

子供達がロープを伝って山のぼりをします

そのすぐ上、大きな樅の木の根っこに石が引っ掛かっています

WP_20170503_12_28_03_Pro

日枝神社を通じて市役所の公園管理の担当へ連絡をしていただき

WP_20170531_10_01_10_Pro

石を移動していただきました

WP_20170531_10_43_27_Pro

元あったのもこの辺のようで、なぜ根っこまで転がったのかは?です

WP_20170531_10_01_24_Pro

これで子供達も安心してスベリ台で遊べます

ありがとうございました