釧路・根室の簡易軌道

釧路市立博物館 企画展「釧路・根室の簡易軌道」記録集が発行されました

5月5日簡易軌道_001

はじめに

5月5日簡易軌道_002

簡易軌道に関する写真・資料など盛り沢山です

カラー写真もたくさん掲載されており模型、レイアウト作りに最適な資料だと思います

発売から5日間で400冊が売れたとのこと

お早目にお買い求めください

http://www.city.kushiro.lg.jp/museum/oshirase/kankoubutu/kidou-book.html

 

高山祭屋台総曳き揃え その5

午後4時に曳き分かれ

八幡神社の布袋臺を上一之町安川交差点まで見送りました

WP_20170430_16_46_07_Pro

獅子組も森下町へ帰っていきます

WP_20170430_17_38_46_Pro

一日目の午後が天候が悪くなり屋台が蔵へ戻りましたが、ほぼ予定通りに終えることができました

ユネスコの無形文化遺産に登録され、これからも「高山祭屋台行事」を守っていくと言う心構えを、祭り関係者だけでなく高山市民も持っていただけたと思います

とにかく楽しい二日間の祭りでした

昨日(3日)から水無神社の大祭が始まりました

参詣する6日の天気が気にかかります

高山祭屋台総曳き揃え その4

高山祭屋台総曳き揃え2日目 天候の心配いりませんので予定通りに進んでいきます

4月30日総曳き揃え_009

八幡神社 からくりの布袋臺

4月30日総曳き揃え_011

神楽臺

4月30日総曳き揃え_013

八幡神社の闘鶏楽 通称「かんかこかん」

4月30日総曳き揃え_028

さんまち通りにも屋台が並んでいます

4月30日総曳き揃え_017

八幡神社の神楽臺

WP_20170430_13_17_51_Pro

上二之町の通りもにぎわっています

WP_20170430_12_50_01_Pro

本部テントの奥では酒盛り なぜか群馬の「赤城山」美味しくいただきました

今日の午後は日枝神社でお守り授与のお手伝いです

模型作業はまったく進んでいません

 

 

高山祭屋台総曳き揃え その3

天気予報通りに午後3時過ぎには天候が回復して夜祭りを開催することにしました

4月29日総曳き揃え_036

屋台蔵の前で提灯を付けます

4月29日総曳き揃え_038

6時半過ぎ、お酒を飲んで安川通りへと向います

4月29日総曳き揃え_043

下一之町からは八幡神社の「仙人臺」が向かってきました

今回の夜祭りは日枝神社の12台、八幡神社の11台の屋台が交互に曳きだされます

4月29日総曳き揃え_046

鳳凰臺は両神社23台のトリを務めました

 

高山祭屋台総曳き揃え その2

午前中に祭りの片づけを済ませて帰宅しました

それでは高山祭屋台総曳き揃えの報告を

昨日(30日)夕方、2日間の総曳き揃えの幕が無事に閉じました

私は10日ほど前に「日枝神社祭り本部の運営に携わるように」と声をかけていただました

祭りの運営側の面もお伝えします

29日午前7時、裃を着て日枝神社御旅所へ出仕

4月29日総曳き揃え_001

9時に陣屋前にてオープニングセレモニー

4月29日総曳き揃え_002

からくり屋台が4台揃いました

左から日枝氏子 三番叟 石橋臺 龍神臺  八幡氏子 布袋臺

左手に我々日枝神社の総代が並びました

4月29日総曳き揃え_010

高山市長の挨拶

4月29日総曳き揃え_015

祭り本部からこのような「口上書」を青竹の先端の割れ目に挟んで関係屋台に届けます

この役割を「青竹」と呼びます

事前にイベントの進行時間は決められていますので、そのタイミンを計りながら青竹を送り出すのが私たちの役目です

口上書も事前にいろいろと準備してありますが、天候などによる予定変更に対応できるように達筆な方も待機しています

これはたいへん恥ずかしいことなのですが

4月29日総曳き揃え_033

高山市内はほとんど「路上禁煙区域」となっており、市民の方、観光客の方々にご協力をいただいております

しかし、祭りで酒が入ると気が緩み・・・ご指摘をいただきました

そこで緊急の青竹を出しました(こんな内容は初めての口上書でした・今後の反省点です)

4月29日総曳き揃え_017

青空のもと、からくりが奉納されます(今回はイベントなので「実演」です)

4月29日総曳き揃え_024

古い町並み 伝建地区は電線がありません

昭和初期に作った提灯竿に提灯と花傘

4月29日総曳き揃え_025

4月29日総曳き揃え_030

我々の「鳳凰臺」です

高山祭屋台唯一、屋根に「鉾」を付けています

4月29日総曳き揃え_034

正午過ぎ、空に雲がかかってきて

祭り本部ではスケジュール変更の青竹準備でバタバタしてきました

観光客の皆様には祭りを楽しんで頂きたいし、屋台を濡らすわけにもいかないし・・・判断の難しいところです

天気予報通りに小雨が降り出し一旦屋台は蔵へ帰り、午後のからくり奉納は中止となりました

あまり屋台を濡らさずにすみ、やれやれでした

祭り本部では朝からスマホで雲の動きを、監視していました (測候所へ電話をかけて相談していた時代もあります)

昼ごはんはちょっと落ち着いた2時頃いただきました

WP_20170429_13_07_59_Pro

 

 

 

 

 

高山祭屋台総曳き揃え

明日は「高山祭屋台総曳き揃え」が行われます

SN01134

詳細はコチラ

http://kankou.city.takayama.lg.jp/2000006/2000014/2001327.html

今日の午後は最終準備作業にでます

明日、明後日は早朝から祭り本部に詰めますので、ブログ更新は不定期なります

「是非、高山へお出かけください」と言いたいのですが、天気が心配なことと、人出の予想が30万人

それなりの覚悟でお出かけください

軽便鉄道「駿遠線」

「駿遠線」のバイブル

4月27日軽便鉄道_001

この「軽便鉄道」は藤枝市郷土博物館から発行されています

左が初版、右が第6版です

4月27日軽便鉄道_002

最初に発行されたのは23年前の平成6年3月20日

それからも版を重ね

4月27日軽便鉄道_003

表紙がブルーに、印刷会社の社名も変わりました

第2版(増補)の意味は

4月27日軽便鉄道_004

初版の訂正と新聞記事の追加でした

4月27日軽便鉄道_005

写真と資料を提供させていただき、このように長きにわたり発行されていることは、たいへんありがたいことです

この冊子をご縁に、いろいろなところから声をかけていただいています

駿遠線03修正済

私が作る「駿遠線の車両」の塗色はこの写真を参考にしています

小堤山

冊子に掲載された写真とは少し違うもの

昭和43年8月18日小堤山トンネル 「乗って、停めて、降りて、撮影して」の鉄道友の会静岡支部の撮影用専用列車です

たまにこの冊子はヤフオクに出品されていますが、藤枝市郷土博物館で販売されていますのでどうぞご注文ください

http://www.city.fujieda.shizuoka.jp/kyodomuse/1445916376467.html

 

 

 

平面プラン

祭りだ!桜だ!とバタバタしていますが

新モジュールの実寸大の平面プランを描きました

4月モジュールプラン_002

サイズは1400×350

緑斜線は田んぼ、建物は大小含め10棟作ることになります

来週ゴールデンウィーク中には今秋の軽便鉄道模型祭の要綱が発表されるようです

昨夜、高山市街で3人の方が熊に襲われ(住宅内まで侵入)、その後熊は脱衣所内で射殺されました

明日の地区の会議で詳細を伺ってきます

散歩は鈴を付けて歩きます