TM-07R再発売

いよいよ鉄コレの「猫屋線」が販売開始されたようです

http://www.tomytec.co.jp/diocolle/news/20160714/index.html

待ちに待った「TM-07R」も再発売されました

sn00533

そこで・・・・

3Dプリント製「駿遠線キハD19・20キット(1/87)」をおわけします

%ef%bc%91%ef%bc%91%e6%9c%88%ef%bc%91%ef%bc%99%e6%97%a5%e3%82%ad%e3%83%8f%ef%bd%84%ef%bc%91%ef%bc%99_002

3Dプリントとインレタがセットになっており

%ef%bc%91%ef%bc%91%e6%9c%88%ef%bc%91%e6%97%a5%e9%a7%bf%e9%81%a0%e7%b7%9a%ef%bc%93%ef%bd%84%e8%bb%8a%e4%b8%a1_006

TM-07Rの動力ユニットと組合せて完成します

sn00534

キハD14系の内、右側の2台「キハD19」「キハD20」です

キットをご希望の方は下記までご連絡ください

くるまや軽便鉄道「kurumayakeiben□hotmail.co.jp」□を@に替えてください

 

ハ102着手の続き

ブログネタもちょっと切れてきたので、以前の記事の続きです

「ハ102も着手」

https://hiratakm.wordpress.com/2016/09/13/%e3%83%8f%ef%bc%91%ef%bc%90%ef%bc%92%e3%82%82%e7%9d%80%e6%89%8b/

%ef%bc%99%e6%9c%88%ef%bc%91%ef%bc%94%e6%97%a5%e5%a1%97%e8%a3%85_001

上からキハD20(プラモデルと同様のランナー付を組立)

キハD13(一体成型)

ハ102(一体成型)

以上3台を手すりを付けてから塗装をしました

 

 

 

 

解読中

手元にある1枚の写真

%ef%bc%91%ef%bc%91%e6%9c%88%ef%bc%91%ef%bc%97%e6%97%a5%e9%81%a0%e6%b1%9f%e4%ba%ba%e8%a6%aa%e7%9d%a6%e4%bc%9a_001

「遠州人親睦会第17回会員姓名録」となっています

これは明治23年または33年11月に作られたもの

(一旦明治43年と書きましたが間違いようです)

この写真を「高山市史編纂室」さんでスキャンして、フォトショップで修正していただき

多少見やすくなりました

sn00503

松村勉強堂謹製となっています

sn00505

遠州出身の方々の人脈調査中です

「敷知郡浜松町 本郷区元町一丁目三番地 松下勝信」

「豊田郡中泉町 上野停車場際勉強堂 松村兼二郎」

「佐野郡掛川町 浅草区北三筋町六十番地 藤田信説」

解読を進めると「松村兼二郎」さんの住所が「上野停車場際勉強堂」と分りました

よって松村勉強堂の主人は「松村兼二郎」さんで、上野駅近くに店があったのです

漢数字の「二」「三」「五」「廿」「丗」などはよ~く見ないと判断しにくいです

 

世界遺産登録記念セレモニー

24日夜、日枝神社の役員会で「高山祭の屋台行事」世界遺産登録記念セレモニーの打合せがありました

そして昨日の市民時報で発表になり

11月26日市民時報_001.jpg

12月2日 16:00から獅子舞を先頭にして高山市役所まで行列

市役所前広場で式典、アルプス展望公園からは33発の打ち上げ花火など

そんな訳で昨日は屋台組の皆さんへ協力をお願いしてきました

12月1日に「登録」されることを祈っています

新聞記事右側「高山市内の小中学校」が「前期・後期制」になるようです

追伸

模型製作の手が止まっています

「トーマモデルワークス」と「ナローガレージ」から「小型パワトラ」が発売されるようです

WB-16 車輪径7Φは駿遠線「DB60型」に使えるかもしれません 発売を待ちます

それと・・・釧路市立博物館での講演会にOKUさんが向かわれたようです

高山からは飛行場までが遠くて・・・

 

簡易軌道ペーパークラフト

先日ご紹介しましたように釧路市立博物館で「釧路・根室の簡易軌道」展が開催されており、明日26日は下記の講演会があります

簡易軌道と鉄道遺産講演会
[講演]湯口 徹氏(鉄道研究家) 「北海道殖民/簡易軌道」
名取紀之氏((株)ネコ・パブリッシング編集局長/日本鉄道保存協会顧問) 「唯一無二の地域遺産をどう活かすか~道内・そして全国の事例から~」
[日時]11月26日(土) 13時30分~16時
[会場]釧路市立博物館 講堂(入場無料・申込不要)http://www.city.kushiro.lg.jp/museum/kikaku/2016/kan-i-kidou.html

%ef%bc%91%ef%bc%91%e6%9c%88%ef%bc%92%ef%bc%95%e6%97%a5%e7%b0%a1%e6%98%93%e8%bb%8c%e9%81%93%e3%83%91%e3%83%bc%e3%83%91%e3%83%bc_001

展示協力のお礼に「簡易軌道のペーパーキット」を頂戴しました

模型線路を走行させるものではありませんので「縮尺が1/66」となっています

講演会には残念ながら参加できませんので、このペーパーキットを眺めて昭和46年を振りかえりたいと思います

浜中03修正済.jpg

 

 

 

 

 

レゴ®プログラム

市民まつりの隣りのブースは「レゴ®プログラム」でした

%ef%bc%91%ef%bc%91%e6%9c%88%ef%bc%92%ef%bc%90%e6%97%a5%e5%b8%82%e6%b0%91%e3%81%be%e3%81%a4%e3%82%8a_011

レゴを使った鉄道模型もあることは聞いていましたが

%ef%bc%91%ef%bc%91%e6%9c%88%ef%bc%92%ef%bc%90%e6%97%a5%e5%b8%82%e6%b0%91%e3%81%be%e3%81%a4%e3%82%8a_010

プログラミングで走行するそうです

レゴ®セットはコチラ

https://education.lego.com/ja-jp/lego-education-product-database/wedo-2/45300-wedo-2-core-set-and-software

%ef%bc%91%ef%bc%91%e6%9c%88%ef%bc%92%ef%bc%90%e6%97%a5%e5%b8%82%e6%b0%91%e3%81%be%e3%81%a4%e3%82%8a_017

子供達が体験していたのは、荷物運びでした

タイヤのはめ込み角度で走行方向を決めます

電圧調整して速度を決めて、駆動時間で移動距離を設定 GO!

結果は「ラインオーバー」でした

今時の小学生はタブレットを自在に扱っていました

ちなみに「®」は「rの変換」で表示できました