駿遠倶楽部資材課 頒布品紹介その2

3Dプリント製「閉塞器2台組」も少量用意しました

閉塞器2台組

写真は塗装後の姿です(頒布品は未塗装)

(昨年の軽便鉄道模型祭の後、閉塞器の在庫の問い合わせをくださったお客様、

記録が無くなってこちらからご連絡できませんので、再度ご連絡ください)

kurumayakeiben□hotmail.co.jp (□を@に替えてください)

20190919SS00005

静岡鉄道社紋インレタも静鉄車両に活用できます

20190919SS00006

5両分がセットになっています

広告

駿遠倶楽部資材課 頒布品紹介その1

駿遠倶楽部資材課では皆様へ軽便鉄道模型に役立つ部材をお分けしています

3Dプリント製の鉄コレ動力用台車枠は

20190919SS00002

軸間距離16mm用です

20190919SS00003

鉄コレ台車に3本突起を差し込むだけで、NゲージからHOナローに変身?します

軽便客車用台車

20190919SS00004

車輪は別途ですが、ねじ・ブッシュは付属しています(工具M1.4タップはご用意ください)

20190919SS00001

車軸の長さに合うように枕梁を削って台車の幅を調節してねじ留めします

こちらも簡単に軽便客車用台車が完成します

 

軽便鉄道模型祭のご案内

20190917SS00001

今年も軽便鉄道模型祭が近づいてきました

日時、会場などはコチラをご覧ください

駿遠倶楽部と小坂森林鉄道研究会で出店します

20190917SS00003

 

駿遠倶楽部では以前頒布した「さようなら駿遠線」CDと新たに「駿遠線の記録」DVDを用意しました

「阿形 昭さんの著書」もお値打ち価格です

「静岡鉄道社紋インレタ」も作りましたので、ご活用ください

なお、品数が少ないので「各商品おひとり様一品」とさせていただきます

3Dプリントの客車をご希望される方は当日会場でご相談ください

次は「小坂森林鉄道研究会」の頒布品

osaka-book1

「小坂森林鉄道 上巻」を販売します

発掘された情報満載! 是非お求めください

塗装作業中

軽便鉄道模型祭まで一ヶ月半となりました

塗装作業を進めており

DSCN3293.JPG

昨年、クレオス アクリジョンの吹き付けで苦労をしたので

今年は水性ホビーカラーに戻りました

写真は青を吹き付け後マスキングした状態

DSCN3298

黄色を吹き、屋根塗装待ちです

7月に燕市に行った時に買ってきたもの

DSCN3296

「精密やっとこ」真鍮線の手すり曲げに使いました

「非粘着加工のピンセット」マスキングテープ貼りに役立ちました

 

3Dプリントの表面

3Dプリント(DMM製)を観察すると

DSCN3264

扉の表面、窓枠には粉状のものが付着?しています

DSCN3267

窓の幅で段差が出ていたり・・・

今回はサーフェイサーを吹き付ける前にスポンジヤスリで磨くことにしました

(前回、積層痕が見えやすいようにとサーフェイサーを吹き付けてしまったら、粉状のものを覆ってしまい、処理に苦労したため)

根気のいる作業が続きます

そろそろ馬力をあげないと・・・

軽便鉄道模型祭の出展および出店者の発表がありました

コチラ 

今年も駿遠倶楽部は出展と物販出店をいたします

そろそろ馬力をあげないといけない時期に入りました

DSCN3259

3Dプリントの客車群 ハ101・107~115の10両です

DSCN3262

車体から台車とベンチレータを切り離して洗浄から始めます

「くるまや特製品」のご案内をご覧ください 

コチラ 

CGの練習再開

元旦と4日は日枝神社のお札・お守りの頒布係りへ出仕しました

wp_20190101_09_55_53_pro

境内では獅子舞も奉納され

雪はほとんどない、良い正月を迎えることができました

やっと落ち着いてきたので・・・・

2年振りにCGの練習を再開しました

sn01659

ZbrushCoreを立ち上げたら「2018」へのバージョンアップのお知らせがあり

手間取りながらも更新できました

テキストに従って「球」から造形していきます

sn01660

今年は3Dプリントの人形作りも上達したいです

今、進めているのは

スマホ・タブレットのトラブル、マルバタイジング・・・・

デジタル物に振り回されています

そんな中で今進めているのは

SN01623

静岡鉄道自社工場で製作された駿遠線の客車の増備計画です

竣工図、写真集に掲載された図面、写真から寸法を割出してJW-CADで作図中です

共通寸法も多く、だんだんと洗練されたデザインになっていくのがわかります

すでにプリント済の「ハ113~115」はコチラからお分けします

 

駿遠線ハ113・114・115お分けします

駿遠線ハ113・114・115の3Dプリント車体をお分けいたします

11月6日ハ113他_002

ハ113

11月6日ハ113他_004

ハ114

11月6日ハ113他_007

ハ115

3Dプリント一体成型品ですので、積層痕を磨き塗装していただけば完成します

11月6日ハ113他_010

11月6日ハ113他_011

インレタハ113他

台車・ベンチレーター・インレタは付属しており、別途 床板(プラ板)・車輪・カプラーをご用意ください

ご希望の方は「くるまや特製品のご案内」をご覧ください

 

山王地区文化展報告

21日(日)無事に今年の公開運転会を終えました

WP_20181021_13_09_34_Pro

左手、新藤枝駅、右手カーブを曲がると七軒町そして大井川駅

奥の180度カーブで折り返して根松駅へ

何度か周回をして、七軒町で停車

バックして新藤枝駅に戻ります

WP_20181021_12_49_57_Pro

DCC運転ですので、根松駅と大井川駅で列車交換しました

うまく速度調整をしておけば単行列車はほぼ、自動的に交換できました

WP_20181021_13_10_11_Pro

キハD20牽引の5連も順調に周回します

WP_20181021_13_40_59_Pro

キハD4もライトを点灯して走行しました

3Dプリント客車の走行試験ができましたので、追って頒布をお知らせいたします

追伸 アクリジョン塗装の失敗も何とかカバーできました