DMM素材価格

DMMの3Dプリント 「Xtreme Mode」が終了して

アクリル(HiReso / HiPerf)βテスト素材に替わりました

20200725SS00004

試しに見積もってみると

20200723SS00007

約30000円也

 

20200723SS00008

「Xtreme Mode」とは比較できませんが、「Ultra Mode」の2倍でした

 

DSM5.0 その2

DSM5.0を使って気づいたことは

新しくファイルを開くときに、そのファイルの内容が分かる画像がでるようになりました

20200723SS00004

エクスポートする時に(ここでは.stl出力)、STEPとIGESが薄く表示されます

20200724SS00001

有料の拡張ソフトの備えのようです

お金を払えば、そのままSTEPとIGESの対応できるかもしれません

(無料で使える範囲で楽しみます)

3Dプリントどうしよう?

先日、DMMの3Dプリント「Xtreme Mode」の受注が終了しました

そうしたら・・・次に

20200710SS00001

「Ultra Mode」も終了となるようです

20200710SS00002

「Xtreme Mode」よりも多少安い「Ultra Mode」で駿遠線の車両をプリントしていました

どうも

20200710SS00004

終了間際の駆け込み受注とプリンターの故障もあり、出荷が遅れているようです

現在は注文していませんが、データを仕上げてプリントまで進めたと思います

終了後のプリントの代替(素材・発注先)を探さなくてはなりません

キハD11 その1

CADもたまには遊ばないと、操作方法を忘れてしまいます

そこで「駿遠線キハD11」を描くことにしました

20200611SS00004

JWWで描いたのが2011.3.26 10年前です

当時、ペーパー車体のつもりで描いて、「前後の鮮魚台」をどうやって作るか?で作業が停まってしまったと思います

3DCADで描くために整理します

20200611SS00005

描き進めるに連れ、キハD11は鞆鉄道から移された時と、ツートンカラーに塗装替えされた時とで、いろいろな箇所が改修されていたことに気づきました

上の図面は鮮魚台の柵のスパンが間違っています

20200611SS00003

JWWから.stepで3DCADにデータをインポートしてから、肉付けしていきます

JWWでは1/87で描いていますが、.stepへ変換した時点で1/87→1/1となっています

(普通のJWWでは.stepへの変換はできません)

前後同じ形状なところは半分描いて、逆向きしてから合体するので車体長が半分です

 

駿遠線 キハC1とC2 その1

月日の経つのは早いものです

駿遠線のキハC1とC2を作っていたのは2012年4月、シルエットカメオでペーパーをカットして組み立てていました

キハC1とC2はある程度形になっていたのですが

プラ材で作った屋根に反りが生じて、完成には至っていませんでした

DSCN3868

3Dプリントでの車両作りを始めると、ペーパーの2枚重ねでは窓の表現も満足できません

そこで3Dプリントで作り直すことにしました

20200520SS00001

20200520SS00002

JWCADで作図したのは2011.3.24

DSMで.stepを読み込んで肉付けしていきます

20200520SS00003

3DCADでの作業と平行して、作りかけの車体を分解して動力化の検討をしました

DSCN3869

C1とC2は片ボギーです

鉄コレのTM-04を改造して作っていました

 

 

3Dプリントマスク その4

3Dプリントを使って作る「マスク」もいろいろと紹介されています

20200515SS00003

その中から

20200515SS00002

顔面シールド用の部品

20200515SS00001

公開されているデータを見てみます

20200515SS00009

チェックしてみると

20200515SS00005

反転三角が多数ありました(反転三角と言われても理解できませんが)

20200515SS00006

Microsoftの3D PrintingでREPAIRすると

20200515SS00007

どうも薄い部分があるようですが、プリント素材を選べばプリントできそうです

20200515SS00010

Window 10の「Paint 3D」で「見積原価¥1865」(試しただけで注文はしません)

 

 

阪大のフェースシールド3Dデータ

ついに緊急事態宣言が発令されました

相変わらずマスク不足が続いています(何とか手持ちがあり助かっていますが)

昨日ネット上で大阪大学大学院の「フエースシールド」が紹介されていました

20200407SS00010

3Dプリントでフレームを作り、クリアファイルと組合わせて顔を保護するもののようです

20200407SS00009

早速3Dデータをダウンロードしてみました

20200407SS00011

形状は3種類あります

No.1

20200407SS00004

パーツエラーあり バッドエッジ8

No.2

20200407SS00005

同じくパーツエラーあり バッドエッジ8

No.3

20200407SS00003

パーツエラーなし 👍

20200407SS00007

パーツエラーの所は「黄色」の部分です

20200408SS00001

エラーなしのNo.3は当然黄色表示はありません

フリーソフトで修正を試みましたが

20200407SS00008

いくら待ってもREPAIRから進まず、改善できませんでした

・・・産学緊急開発 世界へ発信~となっていますが 実際にプリントできるのか

また家庭用3Dプリンターでプリントした場合、フレームの強度(バネ)が保てるのか

そこまでは分かりません

No.3の全体像をご覧ください

20200408SS00002