シェル

3DCADおよび3Dプリントでは「シェル」と言う用語がでてきます

「シェル」とは「ひとつの3次元形状」のこと

SN01129

http://blog.ricoh.co.jp/3dp/2016/11/3d-33.html

インターカルチャーのHPでは

SN01126

「シェルは1つ」がプリントの条件となっています

http://inter-culture.jp/Create/3dprint_3d-data02.html

ただし、ふたつの形状を別々にプリントする場合は当然1シェルではありません

たとえば

SN01128

これは2シェルです

これを重ねただけでは

SN01122

2shellsです

一体化すると

SN01121

1shellsとなってOKです

この二つのデータをDMMにUPすると

SN01125

共にデータチェックではOKとなります

こちらは2シェルの内容

SN01123

1シェルでは

SN01124

サイズは同じですが、体積が異なっています

マメウサギさんが多シェルの状態でプリント依頼をされました

http://mameusagi.blog.so-net.ne.jp/

どのような形状でプリントされてくるのか?ご報告を待っているところです

 

 

 

ZBrushCore その4

ZBrushCoreから.objでエクスポートして123D Designでインポートします

sn01008

そして.stlでエクスポートして

sn01009

チェックすると、描いた土偶のサイズはvery small(about4.864mm)也

sn01010

Shellsは1でOKでした

%e5%9c%9f%e5%81%b6

スマホの3D Builderでもグリグリできました

これで3DCGで描いたものが3DCADで見ることができます

 

3D Builderで遊ぶ その2

スマホで3D Builderの続きです

wp_ss_20170131_0009

駿遠線のハ102を.objでインポートします

wp_ss_20170131_0010

青と黄・グレーで色塗りしますが、「同一平面は同じ色」になるために扉は上下での塗り分けはできません(1本横筋を入れれば面が異なり塗り分け可能となりますが)

wp_ss_20170131_0012

車体全体を塗っていくうちに・・・方向転換するのに画面に触れるだけで色塗りされてしまうので・・・ここまでとしました

スマホの画面での編集は小さすぎました でもスマホで3DCADは驚きです

 

3D Builderで遊ぶ その1

体調が悪かった時は、食う・寝るの繰り返しでしたが、薬が効いてくると 食う・寝る・遊ぶとなってきて、布団の中で3D Builderで遊んでみました

wp_ss_20170131_0004

スマホの画面で円柱と球をグルグルと動かして

wp_ss_20170131_0002

重ねて

wp_ss_20170131_0005

球を型抜きして

wp_ss_20170131_0006

引き延ばしたり、縮めたり

wp_ss_20170131_0007

ワイヤーフレーム表示に

wp_ss_20170131_0008

ペイントもしてみました

 

.stlのコンバイン その2

DSMでは.stlの編集やコンバインは出来ないと思っていました

dwarfさんから.stlを「ソリッドに変換」方法を教えていただきました

123D Designで描いた「台車・ラジエター他」

sn00951

.stlにエクスポートして確認

sn00952

OK!

sn00953

DSMでインポートして

sn00954

ストラクチャービューで右クリックして「ソリッドに変換」→「面をマージ」

メモリ8GBでもだいぶ時間がかかりましたが

sn00955

無事にソリッドに変換できました

sn00956

これも再度DSMで.stlにエクスポートして確認でOK!

sn00957

DSMで描いていたキハD9の車体に

sn00958

「+ファイル」で「ソリッドの台車他」を挿入して車体の床下に納めます

DSMでは定位置への移動は簡単です

sn00959

位置を確認して

sn00960

車体と台車を「組合せ」

sn00961

しばらく待つと

sn00962

組合せ(コンバイン)成功

sn00963

組合せ後に.stlで再確認

SN00964.png

OK!

これで123Dで描いたデータもDSMで編集可能になりました

dwrafさん、ありがとうございました

まだまだDSMの扱い方を理解していない部分も多く

sn00966

「+ファイル」する前には一旦「新バージョン保存」で挿入するデータのファイル名を変更しておかないと、「組合せ」後に元データも同期して消滅するようです

sn00968

sn00967

 

 

.stlのコンバイン その1

以前にも書きましたが.stlのコンバイン(一体化)について

sn00937

フリー使用のDSMでは.stlの組み合わせはできません

と書きましたが、dwarfさんからDSMでの「ソリッドに変換」方法を教えていだだきました追ってご紹介します

dwarfさんありがとうございました

sn00938

123D Designでは

sn00939

.stlの立方体と円柱を置いて

sn00940

コンバインすると

sn00942

一体化して

sn00943

シェルをチェックするとOKです

メッシュの編集ができると便利です

駿遠線キハD9 その5

今日の午前中は小学生の体験教室のお世話

午後は秋葉山のお祭り

夜は神社で祭りの打合せ

キハD9の方は車体と屋根を合わせます

sn00930

妻面を仕上げて

sn00929

屋根を仮乗せして確認してから、中抜きして

sn00931

角を面取りして

sn00932

面取りした車体の上部角とカーブが一致しました

sn00933