秋の高山祭り

今日、明日は秋の高山祭り 八幡神社の例大祭です

DSCN3561

八幡神社の参道に並んだ屋台

DSCN3562

羨ましいほどの晴天です

DSCN3568

提灯が掲げられた大新町伝建地区

金森氏によって造られた町並み、400年前には正面に高山城の天守が望めました

追伸

KMCの開田高原さん、観光案内所で仕事の真っ最中でした

 

 

 

広告

古文書に格闘中

来年度の新高山市史が「屋台・民俗編」とのことで、高山祭の屋台「鳳凰臺」の歴史の見直しをしています

今までに出版された祭り屋台の記録書を比べると、年代などの記載に違いが見つかります

鉄道の歴史書に見られる「誤り」も同様、一旦出版された書籍にあった「誤り」がその後に

出版された書籍に引き継がれて広まってしまいます

そこで「古文書」から調べ直しをしています

20190809SS00001

私は古文書解読の初心者ですので、拾い読みしかできませんが・・・

先輩の解読されたものを参考にして進めています

「卯」は天保2年、「辰」は天保3年となります 「辰正月晦日 新屋台斧始・・・」

何度も何度も眺めて、文字に慣れていくしかなさそうです

そんな分けで、模型作業は休業中です

 

 

 

令和と鳳凰

令和元年5月4日になりました

10連休も後半ですね

飛騨で配られている情報誌「月刊さるぼぼ」

DSCN2825

「令和」を書かれた茂住修身氏は飛騨市古川町の出身で、飛騨では話題になっています

生活情報誌「月刊さるぼぼ」の5月号の表紙に茂住氏の「令和」の墨書と鳳凰臺の鳳凰がデザインされました

鳳凰臺組としてはたいへん名誉なことと喜んでいます

DSCN2877

屋台屋根に飾られた鳳凰は前後で尻尾の角度が異なります

DSCN2869

さるぼぼ誌では左右のバランスをとるために話題の?「反転」をしてあるようです

5月1日午後3時半過ぎ、なんとか雨が上がり屋台を曳き出し、「龍の胴幕」をご披露することができました

DSCN2882

 

平成から令和へ

令和元年を迎え、おめでとうございます

提灯行列の始まる夜7時

WP_20190430_18_36_54_Pro

鳳凰臺をライトアップしました

WP_20190430_19_24_43_Pro

そして提灯を掲げた約1500人が賑やかに通過して、平成の夜は更けていきました

令和元年5月1日 朝8時

WP_20190501_07_38_38_Pro

残念ながら陣屋前広場は小雨、その後本降りとなりました

それでも天気予報通り午後3時には雨が上がり

WP_20190501_16_26_03_Pro

やっと屋台を蔵から曳き出すことができました

太陽の光が当たらないのでせっかくの鳳凰が輝きませんでした

詳細はのちほど

あと6時間

平成もあと6時間となりました

午後7時頃、提灯行列が通るので屋台蔵の扉を開けました

WP_20190430_17_38_42_Pro

平成の半分近くはKMCとKBMC,その後新たに駿遠倶楽部の活動を楽しむ事ができました

これも平和な時代のおかげだったと感謝します

今突然雨が降ってきたので、祭り提灯は片付けました

明日は屋台の曳き揃え、天気になることを祈ります

 

龍の胴幕 その2

16日にはNHKテレビと名古屋テレビ、そして岐阜新聞17日朝刊、市民時報、中日新聞18日朝刊で紹介していただきました

そんなわけで、どこへ行っても「すごいお宝が見つかったね」「新聞で見たよ!」と声を掛けていたきました

中日新聞Web版はコチラ

正面側への胴幕取り付け位置調整作業風景

DSCN2758.JPG

龍の胴幕

昨年3月31日の屋台やわいときに「龍の胴幕」を見つけました

実はこの「龍の胴幕」は文化年間に描かれた「山王祭行列絵巻の鹿島踊」のデザインと同じでした

3月31日鳳凰臺屋台蔵収蔵品_001_01

飛騨高山まちの博物館の許可を受けて撮影

今日、4月16日 屋台片付けのあと、実際に屋台に飾り付けて検証することにしていました

DSCN2767

胴幕を取り付けてみると、当時の屋台は現在に比べて、多少小さいようでした

DSCN2770

高山の屋台の胴幕は「赤色」が多い中、青幕は落ち着いた色です

5月1日の令和改元の記念曳き揃えには約200年の龍の胴幕を飾り付けてご披露します

今日のTV放送、明日の新聞にご注目ください

春の高山祭り

4月14、15日に日枝神社の例大祭が行われました

WP_20190414_07_44_08_Pro

14日午前八時、捺印から始まります(写真は準備が出来た時点)

WP_20190414_19_30_24_Pro

午前9時から神事が行われ、しかし11時頃から雨がふりだし、屋台の曳き揃えは中止になりました

御巡幸も規模を縮小して、御旅所へ

WP_20190414_17_32_42_Pro

午後6時から夜祭(やさい)を執行

一杯飲んで解散となりました

WP_20190414_19_30_24_Pro

翌15日はありがたいことに天気が回復して

WP_20190415_08_23_32_Pro

大黒様をお祀り

8時半に屋台の準備

WP_20190415_08_29_19_Pro

通りには祭り提灯が並びます

WP_20190415_13_49_24_Pro

無事に鉾を上げることができました

WP_20190415_09_43_56_Pro

陣屋前ではからくり奉納

WP_20190415_09_25_31_Pro

4時に拝殿で千秋楽

WP_20190415_17_11_47_Pro

日枝神社の境内も静寂に戻りました

WP_20190415_17_24_29_Pro

いつもの年なら「祭りの後の寂しさが・・・」となるのですが           つづ