五十岡待合所

先の見えない新型コロナウイルスで模型作業も気分がのりません

模型作りもどこまで紹介したのか?です

20200301SS00001

駿遠線各駅の待合所の形状は異なっていたようです

写真とにらめっこして図面を描きました

DSCN3657

図面を型紙にして角材と薄板で組立

DSCN3658

この程度の建物は1戸作るのも2戸作るのも、それほど手間が変わらないので2棟同時につくりました

DSC_0092
DSC_0092

今日3月1日は日枝神社春祭りの屋台の曳行順を決める「抽籤祭」

午後1時に羽織袴の正装で出仕します

雪がほとんど積もらなかった冬も終わり、山国飛騨にも春が近づいてきました

 

 

 

ぽつんと番外編 その8

「根松駅周辺の面影」に茶熊さんからコメントを頂きましたので、今日はその話題

まずはGoogleマップの写真から

20200130SS00002

静岡県牧之原市細江 根松(こんまつ)

中央のアパートが建っている場所が根松駅跡です

20200130SS00003

右側が根松駅跡

20200130SS00004

カーブミラーの立っている道が駿遠線跡

踏切から2軒、食堂兼お菓子やさんが並んでいました

茶熊さんからのコメント

昭和40年代の記憶になりますが、根松駅の真向かいに和菓子屋が踏切から2軒並んでいて、
田沼街道寄りの2軒目の店が記憶に残っています。
こんな感じの構えでした。

20200130SS00001

幼稚園に上がる前の微かな記憶なので、かなりテキトーです。
この店で出していた「焼きそば」が大好きでした。
見た目は静岡市北街道「松竹」さんの焼きそばに似ていて、
今時では不健康と言われそうな「ラード」を使った香ばしさ。
食べる時にウスターソースを回し掛けるスタイルは、駿遠線つながりで小笠近辺の焼きそばと同じ手法・・・ですが小笠焼きそばが鶏肉なのに対し具材は豚肉という違いもあります。
紅白の手作り餅菓子「おさんこち」と「稲荷寿司」は、やはり不健康風味で甘味が強い仕上げ。
夏の「かき氷」は氷屋が鋸で切り分けたブロック氷を手回しで削るフワフワ氷にタップリなシロップ掛け・・
立ち寄るのは根松駅で下車した時のお決まりコースでした。
(その頃、和犬の「狆」が優雅な看板犬をしていて会う楽しみも追加)
この店の印象が強すぎて、他の店の記憶は残っておらず残念です。

くるまやからの返事は

茶熊さま
コメントをありがとうございます。駅前の商店は踏切側が「松下商店」その左隣りは「モダン屋」でした。模型では店内も作りました。https://kurumayakeiben.wordpress.com/2017/12/30/もだん屋/ 次のブログで紹介させていただきます。

その後、茶熊さんから

くるまや軽便鉄道さま
返信ありがとうございます。
記憶していない「屋号」を知ることが出来るとは・・・嬉しい驚きです!
その上両方の商店の模型まで!!! (紹介ページに気付かず失礼しました)
親と私が行っていたのは、模型の店内配置を拝見する限りモダン屋さんの方で間違いないですね。
隣の松下商店さんは食堂営業を辞め、ガラスケースに和菓子を並べ販売する持ち帰り専門業態になっていました。
モダン屋さんの方には駄菓子売りの棚が2つ・・・奥に背の高い棚を置き駄菓子を吊り下げ、
店奥に通じる廊下の目隠し役を兼用、
手前側に背の低い棚を置き、駄菓子を平置きで並べてありました。
駄菓子を買ってくれない親だったので眺めているだけの自分でしたが、
パラソルチョコ・8の字の台紙にマーブルチョコみたいなのを張り付けたモノ・新発売のペロティチョコなどは憧れの品。
明るくて恰幅の良い肝っ玉母ちゃんみたいな奥さまと、細身で小柄な優しいご主人。
大人しい印象のご主人ですが、飲食形態を始める以前はココで個人タクシーをやっていたと教えてくれましたね。
焼津の大崩海岸に磯浜トンネルと石部トンネルがあり、自動車道路になっていた時代に静岡市まで運んだ話もあったので、
磯浜トンネルが閉鎖された昭和34年よりも前に廃業(タクシー業は戦後すぐの20年代?)
忘れかけていた当時の記憶が鮮明に蘇った気がします。
ありがとうございました。

 

私は根松駅近くに昭和40年3月、小学校を卒業するまで住んでいました

「松下商店」「モダン屋」も近所でしたが、普段買い物に行くお店ではありませんでしたので、店内の記憶はありません

模型を作るのために現地調査に行き、旧駅前の皆さんに思い出話しを伺ったり、店内の配置図を描いていただきました

モダン屋の内部の模型

 

茶熊さんが描かれた図面と比べて見ます

モダン屋の内部

店舗内の配置はほぼ合っていました

茶熊さんの「幼稚園に上がる前の微かな記憶」恐れ入りました

根松駅前商店風景イメージを描きました

20200130SS00006

 

また、機会があればいろいろとお話を聞かせてください

 

 

「さかつう」の瓦

元旦に「駿遠倶楽部としては、3ヶ月前倒しをして準備」と書きましたので、模型作業の近況を報告します

DSCN3647

先日、さかつうギャラリーさんから「HOサイズ 日本瓦セット」を取り寄せました

今まで屋根瓦はエコーモデル製(1/80)を使っていましたが、さかつう製はHO(1/87)となっています

DSCN3649

左側は「瓦の裏面」、カットラインが入っています

右側は屋根の左端瓦と右端瓦

棟瓦と鬼瓦も大・中・小が同梱されています

2,3日は家にこもって模型作業を進め、実際に工作に使ってから感想を書きます

 

 

 

ぽつんと軽便 その1

テレビ番組「ぽつんと一軒家」Googleマップから探し出した一軒家を探索・紹介する番組です

それを真似て「ぽつんと軽便」何が見えるでしょうか?

20191105SS00001

藤枝市郷土博物館・文学館 「静岡鉄道駿遠線B15蒸気機関車」と書かれています

20191105SS00002

駐車場から覗くと屋外階段が邪魔していますが「B15蒸気機関車」が見えました

第15回軽便鉄道模型祭 報告

9月28日(土)午後、鉄道讃歌を聴講 夜は懇親会

そして翌29日(日)午前8時半から準備開始して11時に開場

ツイッターで現地報告と書きましたが、ほとんどツイートできませんでした

今年のテーマは「列車運転を楽しもう!」ですDSCN3533

DB501の牽引する客車列車

その奥は3Dプリント製客車群

DSCN3503

「さようなら駿遠線」の5連

軽便鉄道模型としては長大列車を走行することができましたが

安定走行には、3Dプリント製客車への荷重をさらに増す必要がありました

DSCN3517

Tさんの「新藤枝付近の第3前島踏切」

阿形昭さんの写真集を参考に制作されています

DSCN3506写真家 諸河 久氏の作品を再現した「相良のカーブ」

DSCN3522

norigonさんは「新藤枝駅 大手線ホーム」を新規に作り、大手駅間の自動往復運転

DSCN3486

そして駿遠倶楽部メンバーの息子さんが作った

特別出展「プラレールで駿遠線」DSCN3509

DSCN3485

親子の葛藤もあったようですが・・・楽しく作った結果が「一番新鮮」な出来だったと感じました

それにしてもプラレールの進化には驚きました

DSCN3499

若干、付け焼き刃だった「DSair2」を使ったDCおよびDCC運転

開場前にタブレットの設定をしましたが、扱い方に戸惑うことも度々でした

写真はDSair2からD101に切り替えて運転中

開場前はDSair2のWi-Fiがつながっていましたが本番の途中から途切れてしまいました

そして閉場前の5時半過ぎからはDSair2が復旧しました

Desktop Stationさんのお話では「混雑する時は中継器を接続した方が良い」とのこと

今後の課題となりました

午後6時、タブレットから「蛍の光」を流してのさようなら列車、無事に大井川駅に到着しました

ご来場いただいた皆様、楽しんで頂けたでしょうか

「駿遠倶楽部資材課」でのご購入もありがとうございました

3Dプリント製台車枠など多少在庫しています

DVD「駿遠線の記録」は私が中学生~高校生の時に8mmフィルムで撮影した映像をデジタル化したものです

20191002SS00002

ご希望の方はkurumayakeiben□hotmail.co.jp(□を@に替えて)からお問い合わせください

軽便鉄道模型祭スタッフの皆様、たいへんお世話になりました

そして駿遠倶楽部メンバーの皆さん、一緒に遊んでいただきありがとうございました
来年を目指して早めに次の案を考えましょう

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

総括制御

駿遠線の「キハD19」と「キハD20」は総括制御していたか・・・

鉄道誌では「総括制御はしていなかった」と書かれているものが多いようですが

当時、鉄道友の会静岡支部の撮影会の時には「総括制御していた」と聞きました

DSair2の重連制御を利用してDSCN3473.JPG

キハD20とD19の最終列車「さようなら駿遠線号」を走らせました

軽便鉄道模型祭に向けて、明日朝から上京します

是非、会場へお越しください

追伸

5年前の軽便鉄道模型祭前日の講演会の最中に「御嶽山の噴火」を知りました

あらためてご冥福をお祈りします

 

明日からはツイッターで軽便鉄道模型祭の会場の様子をお伝えします

 

 

 

駿遠倶楽部 今年のテーマは

軽便鉄道模型祭前の3連休、いかがお過ごしでしたか?

皆さん作品作りに頑張っておられたようで・・・まだ雪原だったりして・・・

駿遠倶楽部の今年のテーマは

20190924SS00001

列車運転を楽しもう!

大手線は新藤枝駅~大手駅の自動往復運転

「新藤枝駅 大手線ホーム」

本線は新モジュールを加えてDC運転とDCC運転

客車を増備して5連~6連列車を目指しますが本番で上手く走行できるか?

今、DSair2の扱い方を練習しています

WP_20190917_10_17_30_Pro

そして特別出展は多分「軽便鉄道模型祭初公開?」

このように駿遠倶楽部ではメンバーそれぞれの鉄道模型の楽しみ方をご披露します

28日(土)の早朝、高山を出発しますので、準備作業は4日しかありません