五十岡駅その後

腕木信号機もひと段落したので、工作が止まっていた五十岡駅モジュールを進めます

DSC_0328

土手の草植え

昨年能登から摘んできた草(白く光っている草)と

奥に写っているのはスモークツリーです

DSC_0364

畑にもドライフラワーを植え

DSC_0367

賑やかになってきました

DSC_0370

レール上部にマスキングテープを貼ってから

DSC_0371

タミヤのパフを吹き付けウェザリングしました

待合所の屋根や裏の壁がうっすらと汚れています

DSC_0373

全体の写真です

サイズは910×200

DSC_0372

川にデブコンETを流そうとしたら、経年劣化で固まりかけていました

そこで昨夜ヨドバシ.COMへ注文しました

20200601SS00001

 

KATOの新製品「デイープウォータークリア」を使ってみることにしました

「さざ波」塗って、さらにリアリスティックウォーターを重ねて、流れが静かな川面を表現するつもりです

荷物は高山郵便局まできていますので、そろそろ配達される頃です

M1.7のタップも一緒に注文、こちらは取り寄せなのでちょっ遅れるようです

駿遠線 キハC1とC2 その2

ペーパーの2枚重ねの車体と3Dプリント製の車体では外壁の厚みに差があり、下回り(動力部分)が収まりません

TM-04モーター部分(半分に切断)と取付枠(プラ材組合せ)

それらを組合せて下回りを構成していました

これに代わる部材を3DCADで描きます

モーター部分と台車、車輪など詳細は省いています

モーター部分が収まるように描いた「取付枠」

モーター部分と取付枠の組合せを確認

裏側の形状です

3Dプリントに発注する予算はありませんので、プラ材を切り出しました

DSC_0310

 

駿遠線 キハC1とC2 その1

月日の経つのは早いものです

駿遠線のキハC1とC2を作っていたのは2012年4月、シルエットカメオでペーパーをカットして組み立てていました

キハC1とC2はある程度形になっていたのですが

プラ材で作った屋根に反りが生じて、完成には至っていませんでした

DSCN3868

3Dプリントでの車両作りを始めると、ペーパーの2枚重ねでは窓の表現も満足できません

そこで3Dプリントで作り直すことにしました

20200520SS00001

20200520SS00002

JWCADで作図したのは2011.3.24

DSMで.stepを読み込んで肉付けしていきます

20200520SS00003

3DCADでの作業と平行して、作りかけの車体を分解して動力化の検討をしました

DSCN3869

C1とC2は片ボギーです

鉄コレのTM-04を改造して作っていました

 

 

腕木信号機試作 その1

以前「大井川駅」用に作った腕木信号機(2光源型)

DSC_0154

一応手動式ですが腕木は上下可動します

駿遠線の腕木信号機を見てみると、駅によっていろいろ形状なものが設置されています

今、計画中のものは「上吉田駅」と「遠州神戸駅」

上吉田駅型の腕木の形状と動作角度を検討します20200502SS00001

これを3DCADで描くと

20200502SS00002

まだ腕木と支柱しか描いていませんが、支柱トップに光源がある「1光源型」です

駿遠倶楽部メンバーのnorigonさんも試作を進めています

工作してます その3

五十岡駅モジュールを少づつ進めています

DSC_0255

「ふみきりちうい」「距離標」「鈴屋百貨店」

動画を見て観察したら「磐田信用金庫」の看板も立っていました

DSC_0257

土手へ草を植えています

稲刈りが済んで、だんだんと秋が深まって行く頃の雰囲気を出すように努めています

工作してます その2

軽便鉄道模型祭の公開展示は中止となりましたが、少しづつ工作はしています

DSCN3812

駿遠線 五十岡駅モジュール

刈田を貼り、草を植えました

DSCN3814

集成材上に高低差がつくように地形を作っています

DSCN3815

もう少し気温が上がってきたらデブコンETを流します

今日は雨降り、ちょっと寒いので炬燵に籠もってしまいそうです

「さかつう」の瓦

元旦に「駿遠倶楽部としては、3ヶ月前倒しをして準備」と書きましたので、模型作業の近況を報告します

DSCN3647

先日、さかつうギャラリーさんから「HOサイズ 日本瓦セット」を取り寄せました

今まで屋根瓦はエコーモデル製(1/80)を使っていましたが、さかつう製はHO(1/87)となっています

DSCN3649

左側は「瓦の裏面」、カットラインが入っています

右側は屋根の左端瓦と右端瓦

棟瓦と鬼瓦も大・中・小が同梱されています

2,3日は家にこもって模型作業を進め、実際に工作に使ってから感想を書きます

 

 

 

ぽつんと番外編 その5

甲州街道を蔦木宿へ

20191216SS00002

小椋製作所(鉄道模型パーツ製造)が見つかりました

20191206SS00007

輸出用の機関車を作っているのでしょうか?

20191206SS00008

車輪などの写真も出ています

しかし上のGoogleマップのように会社名が表示されるときと(諏訪宝飾工芸も)20191216SS00003

会社名が表示されないときもあり、まだGoogleマップの扱い方が良く分かりません

20191206SS00009

小椋製作所の外観写真です

どなたか小椋製作所のことをご存じですか?