軽便貨車倉庫

昨年の軽便鉄道模型祭で頒布しました「軽便貨車倉庫」を組み立てます

DSCN2973.jpg

これは駿遠倶楽部応援メンバーの「藤枝・五十海工場」さんに作っていただいたレーザーカットの貨車キットです

DSCN2967

袋から出した状態です

DSCN2968

黒色エナメルの薄め液を筆塗りして乾燥させます

DSCN2970

説明書通りに作業を進め

DSCN2969

ホゾ組ですので、接着位置決めも簡単

DSCN2972

部材の切り出しからここまで、約1時間ほど形になってきました

これは1/80のキットで「貨車倉庫」ですので走行までは考えて設計されていません

連結器部分をどうするか?

カプラー付きの台車を取り付けのが簡単そうですが・・・

そろそろ今年の軽便鉄道模型祭での頒布品を考えます

広告

カーブモジュール

久しぶりの更新です

今年の軽便鉄道模型祭への出展および物販出店への申し込みを済ませました

いよいよ、本気を出して作業を進めなければなりません

DSCN2940

カーブモジュールの走行試験、6連での走行は出来ました

しかし残念ながら

ロクハンのe-トレインコントローラーの一部の機能が説明書通りには動作しません

DSCN2944

6月末のカーブモジュールの完成を目指します

 

 

カーブモジュール

平成時代も今日、明日。

皆さん、10連休をどのようにお過ごしですか?

カーブモジュール作りの作業は

DSCN2798

基板上に路盤を貼り

DSCN2803

接続部分はトミックス線路、カーブ部分はPECOの軽便幹線用をR280で固定しました

まだ走行テストはしていませんが、OKとなれば風景作りに進めます

明日夕方は提灯行列、そして令和元年5月1日は屋台の曳き揃えが予定されていますが、

天気が心配です

春祭りが近づいてきました

14,15日の日枝神社の例大祭「春の高山祭り」も近づいてきました

天気予報では二日間共、雨マークがでています

4月に入っても雪が降ったりで、風邪をひきました

寒い中、玄関工房を再開

DSCN2743

ホームセンターで910×910 厚み5.5mmのベニア板を450角に4枚カットしてきました

DSCN2745

四角のままでも良いのですが、ノコギリで角を切断

DSCN2746

カーブ用の基板を4枚作りました

DSCN2748

線路の路盤は4mm厚を40mm幅でカーブに切断

写真ではトミックスR280を置いていますが、実際にはPECOフレキシブルレールをR280で固定予定です

ぼちぼちと進めます

 

 

 

新年明けましておめでとうございます

新年明けましておめでとうございます

SN01656

今年から鉄道模型仲間の皆様への年賀状は失礼させていただきました

引き続きお付き合いはよろしくお願いいたします

今年は駿遠線のモジュールは何を作ろうか?

軽便鉄道模型祭でのモジュールを接続する時は、「仮設のR280の築堤」を使っています

もっと大きなカーブにすれば、ゆったりとした風景を作ることができるのですが

限られたスペースで駿遠線モジュールを展開して、列車の走行を考えると

R280が最善ではと考えています

車に積んで、いろいろな運転会場へ運ぶのも「広さと重さ」も大切な要素です

SN01655

910×910の木板からは上記のサイズで4枚カットできます

しかし4枚のカーブモジュールは関連の無い風景(風景が続かない)を作ることになると思いますし、面積が広いほど作業時間もかかりそうです

SN01654

角をカットした変形六角形あたりが無難ではないでしょうか

運搬用の収納ケースは430×430サイズの中は4段で検討します

軽便鉄道模型祭を目指して、カーブモジュールに適した風景を見つけて、作業を進めたいと思います

駿遠倶楽部へのご支援をよろしくお願いいたします

 

お世話になりました

平成30年も今日でおしまい

この一年、皆様たいへんお世話になりありがとうございました

9月の軽便鉄道模型祭への参加を目標に、趣味活動をしてきました

駿遠倶楽部の仲間とも楽しく活動ができました

来年に向けて進めている作業は駿遠線の客車の設計です

ハ108の形状です

SN01653

3DCADの画面ではラインが見えていますが

SN01651

3DPDFでは3Dプリントをしたイメージで見ることができます

屋根のカーブ形状はいかがでしょうか

春になりましたら、実際に3Dプリントをして車両を作りたいと思います

皆さま良い年をお迎えください

来年も「くるまや軽便鉄道」をよろしくお願いいたします

 

 

 

静岡鉄道駿遠線の記録1968~1970

開田高原さんが大宮鉄道模型フェスタの会場から買ってきてくださいました

WP_20181224_08_12_16_Pro

新刊の「静岡鉄道駿遠線の記録 1968~1970」です

昭和43年から45年に撮影された写真をまとめられたもの

ちょうど私も高校生で同じ時期の駿遠線を撮影しており、懐かしい写真も多く

車両運用表をもとにした列車写真説明などたいへん分り易いです

大井川~堀野新田が残っていた時は、「キハD19・20は総括制御運転をしていた」と判断して間違いなさそうです

3DCADはハ112を描きました

 

SN01645

「駿遠線の記録」も参考にして、引き続きハ107~111を進めます

昨日は日枝神社の迎春準備を済ませました

WP_20181223_10_59_40_Pro

 

 

今、進めているのは

スマホ・タブレットのトラブル、マルバタイジング・・・・

デジタル物に振り回されています

そんな中で今進めているのは

SN01623

静岡鉄道自社工場で製作された駿遠線の客車の増備計画です

竣工図、写真集に掲載された図面、写真から寸法を割出してJW-CADで作図中です

共通寸法も多く、だんだんと洗練されたデザインになっていくのがわかります

すでにプリント済の「ハ113~115」はコチラからお分けします

 

タブレット壊れました

eトレインコントロールに使っていたLENOVO Tab4  8 Plus

Screenshot_2018-11-18-10-06-08

Android 8.1のアップグレードのお知らせが届き

Screenshot_2018-11-30-10-36-54

アップデートを始めたら

wp_20181201_10_22_00_pro.jpg

Lenovoのロゴで固まりました

電源スイッチを長押しして再起動しても、同じ状態に戻り

メーカーにチャットで相談したら・・・・メーカー修理となりました

補償期間ですが、送料はこちら持ち

そんな訳でしばらくeトレインコントロールは遊べません

少しわかったこと、eトレインコントロール・ブルートゥース・タブレットには相性があり

手軽なおもちゃではなさそうです

 

eトレインコントローラー その2

コントローラーを箱から出しました

11月18日eトレイン_001

Nゲージ接続用の接続コードを用意します(KATOの電源コードの雌端子)

11月18日eトレイン_003

青白が電源線、赤黒がプログラム線です

11月18日eトレイン_007

こんな風に接続しましたが、プログラム端子が斜めに歪んでおり、ちょっと気になります

良く見るとほかの端子も・・・・「MADE IN CAINA」の手作業はこの程度の品質とあきらめるほかなさそうです

11月18日eトレイン_015

まずはDCで試運転をします

最初は「車輪ゴムの劣化」で線路が汚れ、コントローラーが原因か?と疑いました