すでに7年

照明灯と踏切警報機です

5月18日根松モジュール_006

製作は平成22年6月、下電モジュールを作っていた頃ですでに7年経っています

「街路灯」とシールが貼ってありますが、ジャック式なので交換できます

そろそろ踏切警報機をモジュールへ取付ます

今週のブログ更新は不定期になります

 

「S35-J」を使ってみました

トミックスの接続レール「S-35J」を使ってみました

5月16日根松モジュール_002

トミックス線路の厚みは6mm、PECOは3.5mmの為に、コルクボードで2.5mmの高さ調整をしてあります

5月16日根松モジュール_003

釘の頭(〇部分)を両側カットして□形にしてから、打ち込みました

塗色はマホガニーです

KMC、KBMCの接続規格にも簡単に合すことができます

そろそろ再開

祭りもあとは「あとふき(慰労会)」を残すだけとなり、そろそろ模型作りを再開します

SN01149

以前作りかけた「根松駅」も新たな写真が見つかったので、設計し直しです

窓枠は既製品を使わずにnorigonさんへレーザーカットをお願いする予定ですすめます

ペーパー自転車

自分で何でも作ろう!でペーパー製の自転車も作っています

19.自転車

さすがにスポークまでは表現できませんが

9月21日自転車預り所_001.jpg

自転車預り所に並べました

エコーモデルさんが完成品の自転車を新発売されました

http://www.echomodel.com/index.php?%E3%82%88%E3%82%8D%E3%81%9A%E6%97%A5%E8%AA%8C#b87c0eed

ペーパー自転車はシルエットカメオで100均のハガキをカットしています

材料費は自転車1台1円もかかっていません

norigonさんはレーザーカットで自転車とリヤカーを製作

http://norigon.cocolog-nifty.com/blog/2017/02/post-b2fa.html

何でも作ろう精神を大切に模型工作を楽しみます

軽便鉄道「駿遠線」

「駿遠線」のバイブル

4月27日軽便鉄道_001

この「軽便鉄道」は藤枝市郷土博物館から発行されています

左が初版、右が第6版です

4月27日軽便鉄道_002

最初に発行されたのは23年前の平成6年3月20日

それからも版を重ね

4月27日軽便鉄道_003

表紙がブルーに、印刷会社の社名も変わりました

第2版(増補)の意味は

4月27日軽便鉄道_004

初版の訂正と新聞記事の追加でした

4月27日軽便鉄道_005

写真と資料を提供させていただき、このように長きにわたり発行されていることは、たいへんありがたいことです

この冊子をご縁に、いろいろなところから声をかけていただいています

駿遠線03修正済

私が作る「駿遠線の車両」の塗色はこの写真を参考にしています

小堤山

冊子に掲載された写真とは少し違うもの

昭和43年8月18日小堤山トンネル 「乗って、停めて、降りて、撮影して」の鉄道友の会静岡支部の撮影用専用列車です

たまにこの冊子はヤフオクに出品されていますが、藤枝市郷土博物館で販売されていますのでどうぞご注文ください

http://www.city.fujieda.shizuoka.jp/kyodomuse/1445916376467.html

 

 

 

平面プラン

祭りだ!桜だ!とバタバタしていますが

新モジュールの実寸大の平面プランを描きました

4月モジュールプラン_002

サイズは1400×350

緑斜線は田んぼ、建物は大小含め10棟作ることになります

来週ゴールデンウィーク中には今秋の軽便鉄道模型祭の要綱が発表されるようです

昨夜、高山市街で3人の方が熊に襲われ(住宅内まで侵入)、その後熊は脱衣所内で射殺されました

明日の地区の会議で詳細を伺ってきます

散歩は鈴を付けて歩きます

 

人工芝見本

人工芝の見本を取り寄せてみました

4月22日根松駅_005

芝丈が7mmから30mmなど色も各種

4月22日根松駅_006

モジュールの田んぼに使えそうなものはこのあたりです

見本をお送りいただいた会社様、ありがとうございました

後ほど選定した製品を注文させていただきます

「お見積もりを・・・」と電話をいただいた会社様もありましたが、使う㎡がたいへん少なく申し訳ございません

日本の田園風景を表現する「田んぼの材料」、永遠の課題かもしれません