第14回軽便鉄道模型祭 

第14回軽便鉄道模型祭は台風の影響を受けながらも無事に終了いたしました

ご来場いただいた皆様、事務局の方々、そして駿遠倶楽部メンバー まことにありがとうございました

また資材課で用意した各種素材をお買い上げいただきありがとうございました

どれも数量が少なく、ご迷惑をお掛けいたしました

9月30日軽便祭_018

根松駅3部作 手前から細江道上「列車は時計代わり」

SN01543

中間が昨年作った「根松駅」

その向こうに坂口谷川「鮒釣り」

なんと撮影していませんでした

SN01542

9月30日軽便祭_017

袋井側の「冬枯れの七軒町」

SN01541

その奥の茶色の基板はバックヤードで動力車の機回し用です

車両は何とか塗装を済ませましたが、整備不良であまり活躍できず残念な結果となりました

整備が済んでからご紹介いたします

広告

駿遠倶楽部資材課特製品 その6

いよいよ明日の午後から鉄道讃歌、そして30日は軽便鉄道模型祭です

本日、資材課に駿遠倶楽部応援メンバーの「藤枝・五十海工場」より

駿遠線貨物倉庫が届きました

昭和45年、廃線当時は新藤枝駅構内にワ18がダルマさんになって置かれていました
SN01538

倉庫として残されていた・・・幻のワ18貨物倉庫・・・
9月28日貨物倉庫_001

レーザーカットの素晴らしい組立キットです
軽便鉄道模型祭 限定20セット 特別価格1000円です

なお、資材課で頒布する模型素材は数量が少なく、多くの皆様にご購入いただくために、

各商品おひとり様一品とさていただきますので、ご了承ください

駿遠線の書籍、写真集も特別価格にてお分けいたします

4階に駿遠倶楽部資材課・5階に駿遠倶楽部を出展しています

今年のテーマは 「自動往復運転とDCC運転の共演」です
SN01539

お楽しみに軽便鉄道模型祭へお出かけください

台風24号が近づいており、予定通りに進むことを祈っています

駿遠倶楽部資材課特製品 その1

駿遠倶楽部では物販部門に「資材課」を出店します

お薦め品のご案内です

軽便祭では昔、助六谷にちなんだ「木曽モジュール倶楽部特製 助六弁当」を販売しました

今年は木曽モジュール倶楽部も出展しますので、

上松町・木曽赤沢森林鉄道の人気商品「ボールドウィンクッキー」をご用意しました

9月17日BWクッキー_002.jpg

袋を開けると

image3

抹茶・えごま・プレーン・ココアの四つの味が楽しめます

製造は 社会福祉法人 木曽社会福祉事業協会「ワークステーションすてっぷ」さんです

9月17日BWクッキー_001

一袋500円 数量限定販売ですので、当日お早目にお求めください

駿遠倶楽部の夏合宿

WP_20180817_17_42_16_Pro

8月18、19日、車に荷物を満載して

WP_20180818_12_58_26_Pro

甲州市の民宿「展望園」で恒例の駿遠倶楽部の夏合宿をしました

WP_20180818_16_08_18_Pro

軽便鉄道模型祭の事前運転調整が目的で、和室で広げると、けっこう大きく見えます

夕食は山梨名物「ほうとう」

WP_20180818_18_52_22_Pro

祭りまであと一カ月ほどになりました

 

 

 

3D車両進行中

ハ113の製作と一緒に

8月14日まで_018

上からハ114・ハ115・キハD4も同時に進めています

しかし、3Dデータの誤りも見つかりましたが再プリントするわけにもいかず、削ったり、プラ材を接着したりして修正しています

一体化車体の3Dプリントは屋根(Z方向)の平面の積層痕は目立ちませんが、側面はザラザラになっている部分もあります

これは積層痕と言うよりも、サポート材の残りのようにも見え、ぬるま湯で洗浄するときに

ブラシやヤスリでこすって落としています

なんとか軽便祭までには仕上げたいと思います

18,19日は駿遠倶楽部の夏合宿にでかける予定です

いよいよ軽便祭出展および出店の詰め作業に入ります

第14回軽便鉄道模型祭

高山でも毎日35℃を越えています

暑くて作業が捗りません

軽便鉄道模型祭事務局より、第14回の出展および出店者が発表されました

https://keibenfes.exblog.jp/m2018-07-01/

駿遠倶楽部も展示部門と物販部門に参加します

出店

駿遠倶楽部資材課では目玉商品?の販売を計画中です

お楽しみに

出展数比較

展示部門の出展者は個人も含め14団体

昨年よりも5団体が増えて、事務局では配置に苦労されているようです

あと2カ月、準備を進めます