軽便貨車倉庫

昨年の軽便鉄道模型祭で頒布しました「軽便貨車倉庫」を組み立てます

DSCN2973.jpg

これは駿遠倶楽部応援メンバーの「藤枝・五十海工場」さんに作っていただいたレーザーカットの貨車キットです

DSCN2967

袋から出した状態です

DSCN2968

黒色エナメルの薄め液を筆塗りして乾燥させます

DSCN2970

説明書通りに作業を進め

DSCN2969

ホゾ組ですので、接着位置決めも簡単

DSCN2972

部材の切り出しからここまで、約1時間ほど形になってきました

これは1/80のキットで「貨車倉庫」ですので走行までは考えて設計されていません

連結器部分をどうするか?

カプラー付きの台車を取り付けのが簡単そうですが・・・

そろそろ今年の軽便鉄道模型祭での頒布品を考えます

広告

カーブモジュール

平成時代も今日、明日。

皆さん、10連休をどのようにお過ごしですか?

カーブモジュール作りの作業は

DSCN2798

基板上に路盤を貼り

DSCN2803

接続部分はトミックス線路、カーブ部分はPECOの軽便幹線用をR280で固定しました

まだ走行テストはしていませんが、OKとなれば風景作りに進めます

明日夕方は提灯行列、そして令和元年5月1日は屋台の曳き揃えが予定されていますが、

天気が心配です

春祭りが近づいてきました

14,15日の日枝神社の例大祭「春の高山祭り」も近づいてきました

天気予報では二日間共、雨マークがでています

4月に入っても雪が降ったりで、風邪をひきました

寒い中、玄関工房を再開

DSCN2743

ホームセンターで910×910 厚み5.5mmのベニア板を450角に4枚カットしてきました

DSCN2745

四角のままでも良いのですが、ノコギリで角を切断

DSCN2746

カーブ用の基板を4枚作りました

DSCN2748

線路の路盤は4mm厚を40mm幅でカーブに切断

写真ではトミックスR280を置いていますが、実際にはPECOフレキシブルレールをR280で固定予定です

ぼちぼちと進めます

 

 

 

新年明けましておめでとうございます

新年明けましておめでとうございます

SN01656

今年から鉄道模型仲間の皆様への年賀状は失礼させていただきました

引き続きお付き合いはよろしくお願いいたします

今年は駿遠線のモジュールは何を作ろうか?

軽便鉄道模型祭でのモジュールを接続する時は、「仮設のR280の築堤」を使っています

もっと大きなカーブにすれば、ゆったりとした風景を作ることができるのですが

限られたスペースで駿遠線モジュールを展開して、列車の走行を考えると

R280が最善ではと考えています

車に積んで、いろいろな運転会場へ運ぶのも「広さと重さ」も大切な要素です

SN01655

910×910の木板からは上記のサイズで4枚カットできます

しかし4枚のカーブモジュールは関連の無い風景(風景が続かない)を作ることになると思いますし、面積が広いほど作業時間もかかりそうです

SN01654

角をカットした変形六角形あたりが無難ではないでしょうか

運搬用の収納ケースは430×430サイズの中は4段で検討します

軽便鉄道模型祭を目指して、カーブモジュールに適した風景を見つけて、作業を進めたいと思います

駿遠倶楽部へのご支援をよろしくお願いいたします

 

今、進めているのは

スマホ・タブレットのトラブル、マルバタイジング・・・・

デジタル物に振り回されています

そんな中で今進めているのは

SN01623

静岡鉄道自社工場で製作された駿遠線の客車の増備計画です

竣工図、写真集に掲載された図面、写真から寸法を割出してJW-CADで作図中です

共通寸法も多く、だんだんと洗練されたデザインになっていくのがわかります

すでにプリント済の「ハ113~115」はコチラからお分けします

 

eトレインコントローラー その2

コントローラーを箱から出しました

11月18日eトレイン_001

Nゲージ接続用の接続コードを用意します(KATOの電源コードの雌端子)

11月18日eトレイン_003

青白が電源線、赤黒がプログラム線です

11月18日eトレイン_007

こんな風に接続しましたが、プログラム端子が斜めに歪んでおり、ちょっと気になります

良く見るとほかの端子も・・・・「MADE IN CAINA」の手作業はこの程度の品質とあきらめるほかなさそうです

11月18日eトレイン_015

まずはDCで試運転をします

最初は「車輪ゴムの劣化」で線路が汚れ、コントローラーが原因か?と疑いました

 

eトレインコントローラー その1

9月末に軽便鉄道模型祭が終わり、例年この時期(10・11月頃)は新たな模型作りははかどりません

来年は何をやろうか?作ろうか?

駿遠倶楽部のメンバー内では「DCCの普及をすすめたい・・・」など

ネットでいろいろ観察していると

「DSair2」が面白そうだったのですが、検討中に価格が定価となってしまいました

別途FlashAirを購入すると合計で約18000円になります

すでに「DSair2」は駿遠倶楽部メンバーのKさんが試用されているので、私は

ロクハンのeトレインコントローラー を試してみることにしました

家電量販店から購入すると、こちらも約18000円でした

11月20日eトレイン_001

同時に買ったものは

11月20日eトレイン_002

オーディオレシーバー

11月20日eトレイン_003

ついで購入のZゲージの動力、これは3Dプリントのネタの予定です

この後、すんなり進みそうだったのですが・・・・

 

 

車輪ゴムの劣化

もうひとつ「劣化」の話題です

新しいコントローラーを購入したので、走行試験をしました

ところが

11月18日eトレイン_011

集電不良が発生して動きません

レールの表面がベトベトの黒色に・・・・触ると手もベトベトになり、さあ~たいへん

 

11月18日eトレイン_010

車輪のゴムが融けています

電圧異常でスパークしたのが原因か?とも思いましたが

融けた本当の原因はつかめませんが

動力部分のみを中古で購入したものですので、経年劣化か前所有者の使ったクリーナー液がゴムを溶かしたのか?です

そんな訳で「新しく購入したコントローラー」については、もう少し試運転をしてから報告します

 

スポンジ劣化注意!!!

鉄道模型の車両の保管箱に使われている「スポンジ」経年劣化することは知っていましたが

11月18日スポンジ劣化_005

多分30年以上経過していると思います

11月18日スポンジ劣化_004

こちらも珊瑚模型の箱

11月18日スポンジ劣化_002

こちらはモデルワーゲンの簡易軌道 20年ほど経ち車体に付き始めました

そんな訳で

11月18日スポンジ劣化_003

スポンジはすべて廃棄しました

今後、どんなに頑張っても作りきれないキットが在庫しています

いずれはヤフオク行きかもしれませんが

皆さまも一度、箱を開けてご確認ください

駿遠線ハ113・114・115お分けします

駿遠線ハ113・114・115の3Dプリント車体をお分けいたします

11月6日ハ113他_002

ハ113

11月6日ハ113他_004

ハ114

11月6日ハ113他_007

ハ115

3Dプリント一体成型品ですので、積層痕を磨き塗装していただけば完成します

11月6日ハ113他_010

11月6日ハ113他_011

インレタハ113他

台車・ベンチレーター・インレタは付属しており、別途 床板(プラ板)・車輪・カプラーをご用意ください

ご希望の方は「くるまや特製品のご案内」をご覧ください