ぽつんと軽便 その12

ぽつんと「軽便」と言っても軽便だけでは続かないので「森林鉄道」や「トロッコ」もごちゃ混ぜ

坂下町から山を越して

20191114SS00004

北恵那鉄道の下付知駅跡(左手の山影部分は旧森林鉄道の貯木場跡)

駅舎が残っていた頃は撮影に寄っていましたが

後で知った「トロッコの線路」

Googleの文字の上あたりを見て下さい

20191114SS00002

製材所の作業小屋から土場へ線路が延びています

20191114SS00003

さらに上流

20191114SS00006

付知川を渡る橋 上空から見るとギザギザ風

20191114SS00005

鉄道橋ではなく人道橋で「三弦トラス」構造です

付知森林鉄道跡については知識がないので、この辺りまで

ぽつんと軽便 その11

さらに木曽川を下り、ちょっと山へ入ります

20191107SS00032

現在は中津川市坂下町

20191107SS00033

よ~く見えますが、近づくことはできません

山奥には

20191107SS00034

20191107SS00035

上段の林道の橋は「木造の方杖橋」とのことです(林鉄跡ではない)

 

ぽつんと軽便 その10

木曽川をさらに下ります

20191107SS00024

木曽川に架かる林鉄鉄橋としては最大クラス

20191107SS00025

道路橋の袂から阿寺渓谷に入ると

20191107SS00023

アンダートラス橋が残っています

20191107SS00030

南木曽町の桃介橋

かつては吊り橋にトロッコの線路があったそうです

20191114SS00001

福沢桃介記念館の庭に

20191107SS00031

機関車が保存されています

次回はもう少し木曽川を下ります

ぽつんと軽便 その8

赤沢自然休養林から山を下りてきました

20191107SS00036

上松駅の左側に車両が保存されていますが近づけません(道路際、工場敷地の長い屋根下)

20191111SS00016

旧上松貯木場全景

20191111SS00017

ガードレールの向こう側は河岸段丘を下るΩループ跡

20191111SS00018

ループ橋下には上松停車場の石垣が残っています

20191111SS00019

山奥へ運ぶ食料や酒を積み込んだ松原商店

そして

20191111SS00020

木曽川に架かる鬼淵橋梁はフェンスが設置されて渡れなくなっていました

 

ぽつんと軽便 その6

松原スポーツ公園からさらに王滝川を遡ります

20191107SS00014

滝越集落

20191107SS00015

木々の向こうに関電色の車両が見えました

20191107SS00016

白川線の鉄橋も見えます

20191107SS00017

3Dで見ると、少し歪んでいます

滝越から少し戻って氷ケ瀬

ここからは*ぽつんと*ではなく廃線跡をたどります

20191110SS00003

私は一度も鯎川線には踏み込んだことがないので、南軽出版社の「助六」と比較しながら見ていくと

20191107SS00018

黒渕橋梁

20191107SS00019本谷橋梁

20191110SS00004

そして坊主岩付近

20191110SS00005

中ノ沢橋梁付近

20191110SS00006

谷が深く山陰になっている八丁暗がり

20191110SS00007

少し開けた「竜の岩」

いよいよ助六に入ってきました

20191110SS00009

右岸を良く見ると

20191110SS00010

廃線から約半世紀、木が育ちましたが作業用軌道のΩループ跡が見えるような気がします

20191110SS00011

助六製品作業所付近に見えるのは橋梁跡でしょうか

20191110SS00012

さらに奥へ林道が延びていました

「助六」の写真集、2700円で夢の世界を見ることができました

 

 

 

ぽつんと軽便 その3

小坂森林鉄道からお隣の木曽森林鉄道へ

20191107SS00001

開田高原の開田郷土館の右横 車と並んで写っています

ストリートビューで見ると

20191107SS00002

道路沿いに移設されています

20191107SS00004

数十メートル離れた交差点から見ると、まだ移設前

20191107SS00005

ワンクリックすると移設後

2014.4撮影と2018.9撮影の写真がつながっていることがわかりました

20191107SS00003

これは上空から見た「平面」上部に御嶽山が写っています

20191107SS00006

グーグル3D 昔のグーグルマップから進化しています

なぜこのような風景が見ることができるようになったのか不思議です

ドローンで撮影しているような感覚です

そこでUPしていくと

20191107SS00007

Google文字のすぐ右上に末川線の木橋跡の橋台が見えます

WP_20190818_14_43_17_Pro

これは現地で8月に撮影した写真です

Googleマップを見てみると、いろいろな発見ができそうです