軽便鉄道模型祭のご案内

20190917SS00001

今年も軽便鉄道模型祭が近づいてきました

日時、会場などはコチラをご覧ください

駿遠倶楽部と小坂森林鉄道研究会で出店します

20190917SS00003

 

駿遠倶楽部では以前頒布した「さようなら駿遠線」CDと新たに「駿遠線の記録」DVDを用意しました

「阿形 昭さんの著書」もお値打ち価格です

「静岡鉄道社紋インレタ」も作りましたので、ご活用ください

なお、品数が少ないので「各商品おひとり様一品」とさせていただきます

3Dプリントの客車をご希望される方は当日会場でご相談ください

次は「小坂森林鉄道研究会」の頒布品

osaka-book1

「小坂森林鉄道 上巻」を販売します

発掘された情報満載! 是非お求めください

広告

小坂森林鉄道研究会

10連休最終日は「小坂森林鉄道研究会」の会員運転会を行いました

DSCN2898

行きは国道41号ではなく、鈴蘭高原経由で

WP_20190506_08_52_20_Pro

御嶽山も見えました

DSCN2904

小坂町「ひめしゃがの湯」の駐車場でモジュールを展示

DSCN2916

今までの「井カサ」にDSCN2929

前野辺山SLランドのSAKAI No.118が新たに加わりました

今回は小坂森林鉄道研究会の会員を対象にした公開でしたので、事前の案内は控えました

DSCN2930

ブルーシートで覆い、今後の活用を考えます

いよいよ第15回軽便鉄道模型祭の出展募集が始まりました

詳細はコチラ

駿遠倶楽部資材課 その1

軽便鉄道模型祭まで1カ月半、準備が進まずあせっています

今年は「駿遠倶楽部資材課」でも物販出店します

くるまやシールを10年振りにプリントしました

SN01233

復刻版「木曽森林鉄道総集編」

木曽モジュールを作った時に使ったものです

実際に木曽森林鉄道で使われていた駅名標、看板類をまとめています

是非、ご利用ください

 

森林鉄道資料展が始まりました

先日、ご案内した中部森林管理局名古屋事務所の「森林鉄道資料展」が7月31日より始まりました

名古屋事務所様提供の会場風景です

SN01230.png

木曽・小坂・金木戸森林鉄道の写真とジオラマなど

SN01229

ぜひ会場へお出かけください

SN01225

追伸 *ブログの更新が不定期になるかもしれません

 

 

森林鉄道資料展

森林鉄道資料展のお知らせです

SN01225

中部森林管理局 名古屋事務所で森林鉄道資料展が開催されます

http://www.rinya.maff.go.jp/chubu/nagoya/29rintetu.html

江戸時代、飛騨は天領でした

飛騨や木曽の木材が木曽川を下り、名古屋や江戸へ運ばれ、町を作りました

その後、川にダムが作られて木材の川流しが出来なくなり、森林鉄道が使われるようになりました

今回は「小坂森林鉄道研究会」では小坂森林鉄道、木曽森林鉄道のジオラマや写真、映像展示で協力をいたします

見学時間は「土・日・祝日を除く 9:00~16:00」と制限がありますが、どうぞお出かけください

なお、森林鉄道模型は静態展示となります

 

 

開田郷土館前

昨日は天気が良かったのでお出かけしました

昨年12月に開田郷土館前を通ったら、工事中でした

12月20日開田郷土館前_004.jpg

工事が終わり展示車両も並びましたが・・・

モリコーさんの願いは聞き入れられず

http://modellwagen.com/yomoyama/yomoyama1703.html

今までとおり「ボンネット側が前向き」のままでした

4月18日開田郷土館前_003

道路と並行に展示され、以前よりは目立つようになりました

4月18日開田郷土館前_006

 

 

 

兵衛谷林道 再調査

昨年の12月に探訪した兵衛谷林道(森林軌道)跡の再調査に行ってきました

昨年の12月22日にはまだ雪はまったくありませんでしたが

https://hiratakm.wordpress.com/2015/12/23/%e5%85%b5%e8%a1%9b%e8%b0%b7%e6%9e%97%e9%81%93%e3%81%ae%e8%ac%8e/

今朝(12月10日)の降雪で

%ef%bc%91%ef%bc%92%e6%9c%88%ef%bc%91%ef%bc%90%e6%97%a5%e5%85%b5%e8%a1%9b%e8%b0%b7%e7%b7%9a%e8%b7%a1_002

薄らと白くなり、石垣が見やすくなりました

気温は0度近くまで下がっています

昨年確認した場所からスタート

%ef%bc%91%ef%bc%92%e6%9c%88%ef%bc%91%ef%bc%90%e6%97%a5%e5%85%b5%e8%a1%9b%e8%b0%b7%e7%b7%9a%e8%b7%a1_101

架線場の濁河線(下部)の分岐までほぼ線路跡をたどることができました

写真は架線場下部から上部(約350m先)を望んだ風景です

https://hiratakm.wordpress.com/2015/12/24/%e6%9e%b6%e7%b7%9a%e5%a0%b4/

撮影した写真を整理して、兵衛谷線のコースをまとめます

山の中を3時間歩き100枚超えの撮影をしましたが、デジタル写真は便利で助かりました

今年の公開運転会は終了?

午前中は「カローリング大会の世話役」

wp_20161120_08_23_30_pro

裏面にローラーが付いていました

午後から市民まつりへ

%ef%bc%91%ef%bc%91%e6%9c%88%ef%bc%92%ef%bc%90%e6%97%a5%e5%b8%82%e6%b0%91%e3%81%be%e3%81%a4%e3%82%8a_004

協三DL(ポートラム動力)が大活躍

%ef%bc%91%ef%bc%91%e6%9c%88%ef%bc%92%ef%bc%90%e6%97%a5%e5%b8%82%e6%b0%91%e3%81%be%e3%81%a4%e3%82%8a_008

前日、入念に保線をした結果、約4時間一度のトラブル・停止もなく走行しました

裏側の走行路もモジュールの簡易接続には役立ちました

%ef%bc%91%ef%bc%91%e6%9c%88%ef%bc%92%ef%bc%90%e6%97%a5%e5%b8%82%e6%b0%91%e3%81%be%e3%81%a4%e3%82%8a_021

7月の木曽福島で公開運転会から今回で6回目、たぶん今年の公開運転会は終了、そろそろ冬籠りです

 

 

 

 

市民まつり準備完了

明日開催される「市民まつり2016」の準備をしてきました

wp_20161119_14_36_01_pro

飛騨・世界生活文化センターのコンベンションホールの一画

(13時スタート!に注目)

wp_20161119_14_36_22_pro

今回のイベントは「芸術祭」ですので、こぎれいに展示をしました

タイトルは鉄道模型「飛騨小坂森林鉄道」

wp_20161119_14_37_00_pro

明日の午前は先約があるので、午後1時から運転スタートです

「ミニ電車が疾走」しません

20日(日)飛騨・世界生活文化センターで「市民まつり2016」が開催されます

%ef%bc%91%ef%bc%91%e6%9c%88%ef%bc%91%ef%bc%95%e6%97%a5%e5%b8%82%e6%b0%91%e3%81%be%e3%81%a4%e3%82%8a%e3%81%a1%e3%82%89%e3%81%97_001

飛騨・世界生活文化センターのホームページでは紹介されていないようですが

高山市生涯学習課の「飛騨高山文化芸術祭こだま~れ2016」に案内が掲載されています

http://www.city.takayama.lg.jp/kurashi/1000021/1000118/1000824/1007162/1007701.html

%ef%bc%91%ef%bc%91%e6%9c%88%ef%bc%91%ef%bc%95%e6%97%a5%e5%b8%82%e6%b0%91%e3%81%be%e3%81%a4%e3%82%8a%e3%81%a1%e3%82%89%e3%81%97_002

事務局から声をかけていただき「飛騨小坂森林鉄道のモジュール」を展示します

%ef%bc%91%ef%bc%91%e6%9c%88%ef%bc%91%ef%bc%95%e6%97%a5%e5%b8%82%e6%b0%91%e3%81%be%e3%81%a4%e3%82%8a%e3%81%a1%e3%82%89%e3%81%97_003

午前中は他の行事に出席のため、午後1時から4時まで運転をします

「ミニ電車が疾走」するわけではありません

近頃は線路を走る物はなんでも「電車」になってしまします

むかしの「汽車」=いまの「電車」でしょうか

飛騨・世界生活文化センターでは10年前の2006年10月、KMCの運転会を行いました

https://hiratakm.wordpress.com/2006/10/22/kmc%e9%a3%9b%e9%a8%a8%e9%ab%98%e5%b1%b1%e3%80%80%e3%81%9d%e3%81%ae%ef%bc%92/

(写真は容量不足ですでに削除しました)