ぽつんと軽便 その48

ぽつんと軽便 その44

寸又峡にはもう1カ所保存車両があることを「西宮後さん」から教えていただきました

20191224SS00003

夢の吊り橋の上段「尾崎坂展望台」

20191224SS00002

ここにも保存展示されていました

当時、飛龍橋を渡ってここを経て、夢の吊り橋を渡り温泉街へ戻りました

寸又峡温泉からバスで奥泉へ

列車の待ち時間に奥泉駅近くの大井川に架かる吊り橋に遊びにいったのですが

20191224SS00007.png

今は県道77号線の立派な橋になっています

20191224SS00004

駅近くの井川線の線路付近には吊り橋の跡は見当たりません

しかし、対岸に渡ると

20191224SS00006

コンクリート製の構造物が見つかりました

20191224SS00005

吊り橋のワイヤーロープの支柱と思われます(ボックスは地区の非常用収納庫か?)

半世紀前の記憶は正しかったようです

 

 

 

 

ぽつんと軽便 その44

静岡県の寸又峡温泉へ

20191217SS00001

千頭森林鉄道 保存列車

20191217SS00002

多分昭和37年、小学校4年生だった時にオリンパスペンEEで撮影

すまた森林2

森林鉄道などのことも分からずに写したのでこんな角度でも仕方が無いです

すまた森林1

デジタルでカラー化しています

20191217SS00003

線路跡のトンネルが拡幅されており、以前は

すまた森林3

別のトンネルのようですが、線路上を歩いて夢の吊り橋へ向いました

歩いているのは祖父です

20191217SS00004

手前が夢の吊り橋、奥が飛龍橋です

すまた森林6

この橋も森林鉄道用でした

20191217SS00006

飛龍橋を渡り左手の線路に入ったところで

すまた森林4

モーターカーと出会いました

あれから半世紀以上が過ぎ、未だに鉄道趣味を続けています

 

 

 

ぽつんと軽便 その19

ちょうど今日の話題にするつもりだった「野辺山SLランド」

20191107SS00041

昨年8月に閉園になりました

空から見ると園内をぐるりと回っています

20191107SS00042

自動車の向こう側、建物の手前にSLが見えます

このSLが「あしおトロッコ館」へ運ばれて保存されました

そしてディーゼル機関車も、「ひめしゃがの湯」に保存されました