レールクリーナー

鉄道模型の運転前のレール清掃に使う「レールクリーナー」

クリーナーの効果がよ~くわかりました

wp_20181017_12_15_14_pro.jpg

デジタルカメラのバッテリーが充電しなくなりました

バッテリーの寿命と思いましたが・・・接点をレールクリーナを湿した綿棒で磨きました

(カメラ側の接点も)

無事にバッテリーが復活して約4000円、助かりました

wp_20181017_12_17_32_pro.jpg

クオーツ時計が止まりました

単三乾電池を新品にしても、数分後にはまた停止します

乾電池押さえの接点を同様に清掃しました

また時を刻み始めました

ありがたや

広告

クレオス アクリジョン

皆さん鉄道模型の塗装にはどんな塗料をお使いですか

私は 1.入手しやすいもの(高山市内で購入可能なもの)

2.臭いの少ないもの

昨年からクレオス「水性カラー アクリジョン」を使い始めましたが(水性ホビーカラーから乗り換え)

どうもうまく塗れません

WP_20180923_13_10_04_Pro

エアブラシ用専用アクリジョンうすめ液も使っています(説明通りに1:1)

アクリジョンを使ってみて水性ホビーカラーと比較すると

1.隠ぺい力が低い

駿遠線用に調色した黄色をサーフェイサーに吹きつけても全くダメ

(結局サーフェイサー共々、塗装を剥がしました)

駿遠線用に調色した紺色の上に黄色を重ねてもダメ

2.ノズルにアクリジョンが詰まり(固まり)、噴出さなくなり作業効率が悪い

ノズルが固まらない程度まで薄めると、シャバシャバで垂れてダメでした

何度も塗装作業を繰り返し、アクリジョンの扱い方、コツをマスターすれば良いのでしょうが・・・難しいです

WP_20180923_13_30_14_Pro

天気塩梅を見ながらの作業でしたので、覚悟して!

WP_20180923_13_10_17_Pro

アクリジョン紺色の上に水性ホビーカラーの黄色(調色済)を吹きつけました

明日は車体側面をマスキングして屋根の塗装に進みます

結果はどうなるか、お楽しみと言うよりも心配です

下地の紺色も垂と、ブツブツで修正できるかもわかりません

多分、エアブラシには水性ホビーカラーを使うことに戻りそうです

 

 

 

 

七軒町 その6

「祭りのあとの淋しさは・・・模型でまぎらわし・・・・」

3月25日まで模型_030.jpg

接続部分はKMC規格と揃えます

TOMIXのS-35JはPECOの線路に接続可能です

3月25日まで模型_031

全長910mm-35mm×2-35mm×2=770mmがPECOの線路長となります

篠原模型が閉店するようですが、ポイントを少々持っているぐらいですので、影響はなさそうです

5月連休明けには軽便鉄道模型祭の受付が始まりますので、そろそろ配置プランを検討します

 

すでに7年

照明灯と踏切警報機です

5月18日根松モジュール_006

製作は平成22年6月、下電モジュールを作っていた頃ですでに7年経っています

「街路灯」とシールが貼ってありますが、ジャック式なので交換できます

そろそろ踏切警報機をモジュールへ取付ます

今週のブログ更新は不定期になります

 

「S35-J」を使ってみました

トミックスの接続レール「S-35J」を使ってみました

5月16日根松モジュール_002

トミックス線路の厚みは6mm、PECOは3.5mmの為に、コルクボードで2.5mmの高さ調整をしてあります

5月16日根松モジュール_003

釘の頭(〇部分)を両側カットして□形にしてから、打ち込みました

塗色はマホガニーです

KMC、KBMCの接続規格にも簡単に合すことができます

ZBrushCore その4

ZBrushCoreから.objでエクスポートして123D Designでインポートします

sn01008

そして.stlでエクスポートして

sn01009

チェックすると、描いた土偶のサイズはvery small(about4.864mm)也

sn01010

Shellsは1でOKでした

%e5%9c%9f%e5%81%b6

スマホの3D Builderでもグリグリできました

これで3DCGで描いたものが3DCADで見ることができます