七軒町 その6

「祭りのあとの淋しさは・・・模型でまぎらわし・・・・」

3月25日まで模型_030.jpg

接続部分はKMC規格と揃えます

TOMIXのS-35JはPECOの線路に接続可能です

3月25日まで模型_031

全長910mm-35mm×2-35mm×2=770mmがPECOの線路長となります

篠原模型が閉店するようですが、ポイントを少々持っているぐらいですので、影響はなさそうです

5月連休明けには軽便鉄道模型祭の受付が始まりますので、そろそろ配置プランを検討します

 

広告

すでに7年

照明灯と踏切警報機です

5月18日根松モジュール_006

製作は平成22年6月、下電モジュールを作っていた頃ですでに7年経っています

「街路灯」とシールが貼ってありますが、ジャック式なので交換できます

そろそろ踏切警報機をモジュールへ取付ます

今週のブログ更新は不定期になります

 

「S35-J」を使ってみました

トミックスの接続レール「S-35J」を使ってみました

5月16日根松モジュール_002

トミックス線路の厚みは6mm、PECOは3.5mmの為に、コルクボードで2.5mmの高さ調整をしてあります

5月16日根松モジュール_003

釘の頭(〇部分)を両側カットして□形にしてから、打ち込みました

塗色はマホガニーです

KMC、KBMCの接続規格にも簡単に合すことができます

ZBrushCore その4

ZBrushCoreから.objでエクスポートして123D Designでインポートします

sn01008

そして.stlでエクスポートして

sn01009

チェックすると、描いた土偶のサイズはvery small(about4.864mm)也

sn01010

Shellsは1でOKでした

%e5%9c%9f%e5%81%b6

スマホの3D Builderでもグリグリできました

これで3DCGで描いたものが3DCADで見ることができます

 

ZBrushCore その2

子供頃から図工の内「図画」が苦手でした(工作は好きです)

画用紙に絵の具をベタと塗りたくってしまい

観察力が乏しいようです

アニメにも疎いです

「円空」の写真集を眺めながら手を動かしています

sn01004

球を引っ張ったり、押したり

練習を重ねるしか上達する道はなさそうです