第14回軽便鉄道模型祭 

第14回軽便鉄道模型祭は台風の影響を受けながらも無事に終了いたしました

ご来場いただいた皆様、事務局の方々、そして駿遠倶楽部メンバー まことにありがとうございました

また資材課で用意した各種素材をお買い上げいただきありがとうございました

どれも数量が少なく、ご迷惑をお掛けいたしました

9月30日軽便祭_018

根松駅3部作 手前から細江道上「列車は時計代わり」

SN01543

中間が昨年作った「根松駅」

その向こうに坂口谷川「鮒釣り」

なんと撮影していませんでした

SN01542

9月30日軽便祭_017

袋井側の「冬枯れの七軒町」

SN01541

その奥の茶色の基板はバックヤードで動力車の機回し用です

車両は何とか塗装を済ませましたが、整備不良であまり活躍できず残念な結果となりました

整備が済んでからご紹介いたします

広告

細江道上 その5

製作途中の写真撮影は少なくて

7月3日まで_001

モジュールベースの周囲を茶色に塗装して、一応完成としました

高山ロータリークラブさんからスピーチと模型公開のお話をいただき、会場へ持ち込みました

WP_20180726_12_06_10_Pro

会議テーブル6台スペースにモジュールを展開しました

新藤枝駅+大井川木橋+坂口谷川+根松駅+細江道上+七軒町

運転はDCCでした

坂口谷川 その1

七軒町モジュールは完成していませんが、次に取りかかります

根松駅の藤枝側、吉田たんぼのカーブが終わった付近で「坂口谷川」を渡ります

駿遠線の写真集などを見ても、川を渡っている写真は見つかりません

そこで、動画(袋井市郷土資料館)と空中写真を参考にしました

SN01455

列車は吉田から根松へ向かっています

SN01479

モジュール基板910×200を重ねています

SN01480

橋梁の長さは5スパンで207mmとしました