手打ちそば くるまや本店 休業中

昨日は天気が良かったので、恒例の「すんき蕎麦」を食べに出かけましたが・・・

WP_20171209_10_10_12_Pro.jpg

飛騨から木曽まで道路はツルツルでゆっくりと走行しました

WP_20171209_11_09_47_Pro

あれ~「くるまや本店」は臨時休業中でした

先ほどインターネットで調べてみると

http://www.soba-kurumaya.com/

来年の5月中旬ごろまで休業のようですWP_20171209_11_10_01_Pro

趣きのある木造3階建ての大きな建物

私が最初に「くるまや本店」に伺ってから約45年経ちました

全面建て替えではなく、耐震補強程度の改修工事でオープンされることを期待しています

昨年の「すんき蕎麦」はコチラ

そんな訳で昼ごはんを求めてドライブを続けました

WP_20171209_11_22_11_Pro

下り「しなの」をあわてて撮影

WP_20171209_11_57_02_Pro

木曽路を下り「道の駅 大桑」でラーメン、チャーシュー5枚で550円也

ご馳走さまでした

中津川経由で帰宅しました

「すんき」はスーパーで買ってきたので、のちほど自宅で味わいます

 

 

 

 

 

広告

牧之原市細江区文化展

SN01366

今年も糸魚川市・上二ノ市・軽便鉄道模型祭・山王文化展と公開運転をしましたが、今年最後の運転会です

「牧之原市 細江区の文化展」に参加させていただくことになりました

http://hosoeku.com/

駿遠線根松駅のあった地元の皆様から昔のお話を伺うことを楽しみに、出かけてきます

是非、牧之原市へお出かけください

 

 

 

 

EF30のつづき

先日の軽便鉄道模型祭でKMCの杣人さんのDD501が5両客車を軽々と牽引しました

9月30日10月1日軽便祭_052

W工芸のDD501の車体にNゲージの動力を組込みDCCとしたとのこと

DD501も3Dプリントとも思いましたが、側面の換気網はやはりエッチングの方がすっきりと再現できていると思い、同様にW工芸製を組み立てる案ですすめることにしました

そこで

10月19日EF30_001

DD501の台車間距離(心皿中心距離)は5000mm

1/87では5000÷87≒57.5

Nゲージですので57.5×150≒8600が実車寸法となります

これが先日のコチラ

EF30の台車間距離が8800ですので

8800÷150≒58.7

そこで早速ヤフオクでEF30の動力ユニットを仕入れました

10月19日EF30_002

予想通り、台車間距離は約58mm

しかし

10月19日EF30_003

車輪径が6.3φでした

Nゲージの国鉄電気機関車の動輪径7.5φと思っていたのが誤りでした

軽便鉄道の資料は山ほど持っていますが、国鉄機関車の資料は手元にありませんのでEF30の実車の動輪径は分りません

TOMIX動力ユニットに「2101」との刻印がありますので、7.5φの動力台車への交換が可能かもと期待しています

 

 

 

 

地震がありました

お早うございます

午前7時2分に地震がありました

SN01172

早速、電話やメールをいただきました

ご心配をお掛けしましたが、数秒間ゴトゴトと揺れた程度でした何事もありませんでした

ありがとうございました

ブログに書きこもうとしたら、表紙が変更されており・・・

時々勝手に変更されるwordpressの仕業か?今から修正します

SN01173

 

駿遠線ハ115 その10

ベンチレータと台車を

sn00741

DMMの3Dプリントではサポートが付きませんので、車内の床に納めました

これで空間費も抑えることができます

.stlの比較です

sn00743

台車・ベンチレータなしの本体のみ12.4MB

sn00739

台車・ベンチレータを付けると容量が増え58.1MB

sn00742

平らなリベット付(台車・ベンチレータ付)72MB

sn00740

丸リベットにすると・・・411MBとなります

DMMへの発注容量の制限は100MBですので「平リベット付」を選び、3Dプリントでの再現を観察することにします

リベットのサイズは0.25φ、高さは0.125mmです

解読中

手元にある1枚の写真

%ef%bc%91%ef%bc%91%e6%9c%88%ef%bc%91%ef%bc%97%e6%97%a5%e9%81%a0%e6%b1%9f%e4%ba%ba%e8%a6%aa%e7%9d%a6%e4%bc%9a_001

「遠州人親睦会第17回会員姓名録」となっています

これは明治23年または33年11月に作られたもの

(一旦明治43年と書きましたが間違いようです)

この写真を「高山市史編纂室」さんでスキャンして、フォトショップで修正していただき

多少見やすくなりました

sn00503

松村勉強堂謹製となっています

sn00505

遠州出身の方々の人脈調査中です

「敷知郡浜松町 本郷区元町一丁目三番地 松下勝信」

「豊田郡中泉町 上野停車場際勉強堂 松村兼二郎」

「佐野郡掛川町 浅草区北三筋町六十番地 藤田信説」

解読を進めると「松村兼二郎」さんの住所が「上野停車場際勉強堂」と分りました

よって松村勉強堂の主人は「松村兼二郎」さんで、上野駅近くに店があったのです

漢数字の「二」「三」「五」「廿」「丗」などはよ~く見ないと判断しにくいです