ぽつんと軽便 その30

飯能市の県道53号を進みます

20191204SS00003.png

旧名栗郵便局

さらに入間川を上流へ

20191201SS00006

JFEミネラル武蔵野鉱業所跡

左上あたりにトロッコの線路が見えているか?

20191204SS00001

ストリートビューでは建物を解体中でした

20191204SS00002

ハイキングコースからは残念ながら線路は見えませんでした

 

ぽつんと軽便 その29

飯能市「あけぼの子どもの森公園」の隣り

20191201SS00003

こんな町の中に現役の鉱山があります

日豊鉱業(株)

以前「あけぼの子どもの森公園」から覗きに行きましたが、あまり構内の様子は見えませんでしたが・・・

20191201SS00004

右手に鉱口があるようです

20191201SS00005

左側の木々の間にも車両が並んでいます

トロッコぞろぞろ

まずはグーグルマップとストリートビューをごらんください

SN01212

並んでいるものは

SN01213

トロッコです

7月8・9日糸魚川_145.jpg

トンネル機械の杉本電機工業(株)

入口にはロープが張ってあり休業日のようでしたので

7月8・9日糸魚川_126

道路より機材置き場を撮影

7月8・9日糸魚川_129

大小のバッテリーロコ

7月8・9日糸魚川_142

伏せて山積みされたトロッコ

無断立入厳禁です

 

 

 

軌間の謎

Rail Magazine N0.122の記事で確認すると軌間は609mm(2ft)となっています

7月8・9日糸魚川_011

カーブから直線になった位置で測定すると

7月8・9日糸魚川_025.jpg

500mmしかありません①

さらに1mほどずれた位置では530mmとなります②

7月8・9日糸魚川_076

この位置から先は約2m間隔で枕木があります

7月8・9日糸魚川_010

花畑の位置では鋼材で固定されているのか?ですが540mm③

7月8・9日糸魚川_075

その先(上流方向)520mm④

7月8・9日糸魚川_064

ほんの数メートル進むと610mm⑤

7月8・9日糸魚川_066

走行可能か?のクランク部分は最大寸法4m⑥

7月8・9日糸魚川_040

軌間は590mm

7月8・9日糸魚川_042

その先は軌間の測定を忘れましたが

7月8・9日糸魚川_122.jpg

北陸自動車道と北陸新幹線の交差部分の真下⑦

大正・昭和・平成の交わる貴重な地点です

7月8・9日糸魚川_054

線路は途切れています

7月8・9日糸魚川_053

実際にはこの続き部分もあるようで次回探索したいです

測定位置のおさらい

SN01197-2

枕木の残っていた①、②部分は道路下で、多分軌道の使用が中止された以降に道路改良がおこなわれた時の枕木と思われます

③~⑤は線路は残っていますが、枕木は見えません(無くなっている?)

レールがつながっているため、軌間は狂ったまま自立しているのでしょうか

⑥のクランク部分と⑦のL曲りも、実際に使用された時のままか不明です

地元の方から「軌道敷きは会社の敷地・・・」と伺いました

その時は「電化セメント専用線のことか」と思いましたが、再度考えるとこちらのトロッコ線も小野石灰工業の登記になっており、小川や道路改修時にもそれなりに(適当に)軌道が残されたのかもしれません

この謎解きはおもしろそうです

追伸 糸魚川行きが記事になりました

http://www.chunichi.co.jp/article/feature/railnews/list/CK2017070902000240.html

 

 

 

 

 

 

 

青海探索

糸魚川市青海と言えば「電化セメント専用線」で有名でしたが一度も訪れたことがありませんでした

7月8・9日糸魚川_005

正面奥はえちごトキめき鉄道青海駅で、ここは電化セメント専用線跡です

7月8・9日糸魚川_004

橋台も残っています

今回の探索の目的は

7月8・9日糸魚川_008

正面の山は黒姫山、高架は北陸新幹線、その下に北陸自動車道

小川沿いのトロッコ線、法面上が電化センメント専用線跡

7月8・9日糸魚川_027

トロッコ線がこんな風に残っているとは知りませんでした

7月8・9日糸魚川_029

振り返って撮影、お花畑の中に線路が延びているような感じがします

ガードレール部分が俯瞰撮影場所です

今回探索したのは北斗町1~5、距離にして470mほどでした

SN01196.png

トワイライトゾーンマニュアルⅡ(1993.9)に紹介されてからすでに24年経っており、木造の建物も残っていません

SN01197.png

以前に探索された記録は、「小野石灰工業青海工場人力軌道」で検索してみてください