ぽつんと軽便 その95

屋久島登山道のGoogleマップは面白いです

20200322SS00002

切り通しを進み

20200322SS00003

鉄橋を渡り

20200322SS00004

線路脇の遺構

20200322SS00005

分岐部分

20200322SS00006

右が登山道、左は「登山道ではありません」

20200322SS00007

太陽光パネルが付いているものは?

20200322SS00008

トロッコの運行表示でした

20200322SS00010

小杉谷橋を渡ると

20200322SS00009

小杉谷集落跡に到着します

 

ぽつんと軽便 その92

右カーブしてトンネルに入ります

20200315SS00001

右手壁に見えるのは分電盤のようです

20200315SS00002

電灯が点いています

20200315SS00003

トンネルを抜け振り返って見ます

20200315SS00004

その先は分岐ポイントの跡

20200315SS00005

建物の基礎らしきものも残っています

20200315SS00006

車庫があり

20200315SS00007

線路が車庫に入っています

20200315SS00008

ポイントの近くには機関車の廃車体があります

20200315SS00009

こんな情景を作ってみたいです

 

ぽつんと軽便 その90

屋久島 安房森林鉄道をたどります

20200308SS00001

荒川登山口から進むと荒川右岸から左岸に渡ります

20200308SS00002

線路は直進方向と左手へ橋を渡っています

20200308SS00003

よく見るとスイッチバックをして橋を渡るようです

20200308SS00012

別の空中写真では写真下のちょっと開けたところが荒川登山口

20200308SS00011

写真とOSMを比較してみてください

20200308SS00010

荒川登山口は安房森林鉄道のU字部分から分岐させたことが分かりました

よってスイッチバックの直進方向は旧安房森林鉄道の廃線跡のようです

 

ぽつんと軽便 その89

20200307SS00005

ストリートビューを見て驚きました

荒川登山口までの自動車道はブルーに変わりませんが、屋久島の森林鉄道の軌道は登山道になっており、ストリートビューで辿れるようです

さすが世界自然遺産!

20200307SS00001

登山道の入り口 軌道が見えます

20200307SS00002

駐車場とトイレがあります

20200307SS00003

軌道敷を進みます

20200307SS00004

振り返ると、遠くに登山口が見えます

ぽつんと軽便 しばらく屋久島登山道を登ります

 

 

ぽつんと軽便 その87

せんろ商会さんが「住友別子鉱山鉄道」を紹介されていましたので

早速、新居浜市へ

20200222SS00002

別子鉱山鉄道星越駅跡

20200222SS00003

Googleストリートビューでは駅舎は改修整備前でした

20200222SS00001

こちらのGoogleマップは改修後となっています

 

高山を観光された方が新型コロナウイルスに感染されていたことが発表され、高山市内でのイベントが自粛されることになりました

3月1日に開催を予定していた山王まちづくり協議会の「ドミノ倒し大会」も中止としました

身近での影響もでてきて、早く収束することを祈っています

 

ぽつんと軽便 その82

久しぶりの「ぽつんと軽便」

明延鉱山の続きです

20200127SS00012

右下に養父市立あけのべ自然学校、上の方に神子畑小学校・体育館跡

20200127SS00013

神子畑を拡大すると「神子畑選鉱場跡」が見えます

20200127SS00014

選鉱場跡のコンクリートの前に車両が保存展示されていました

このように明延鉱山の車両は広範囲に保存されているようです