駿遠倶楽部資材課特製品 その1

駿遠倶楽部では物販部門に「資材課」を出店します

お薦め品のご案内です

軽便祭では昔、助六谷にちなんだ「木曽モジュール倶楽部特製 助六弁当」を販売しました

今年は木曽モジュール倶楽部も出展しますので、

上松町・木曽赤沢森林鉄道の人気商品「ボールドウィンクッキー」をご用意しました

9月17日BWクッキー_002.jpg

袋を開けると

image3

抹茶・えごま・プレーン・ココアの四つの味が楽しめます

製造は 社会福祉法人 木曽社会福祉事業協会「ワークステーションすてっぷ」さんです

9月17日BWクッキー_001

一袋500円 数量限定販売ですので、当日お早目にお求めください

広告

関電トロリーバス その3

扇沢に戻りました

9月10日関電トロリーバス_037

降車場で今回のトロリーバス撮影の目的を達成

お腹がすいたので、大町市内の

WP_20180910_13_14_17_Pro

かつ丼の店 昭和軒へ

9月10日関電トロリーバス_048

ソースかつ丼 850円 美味しくいただきました

駿遠倶楽部の夏合宿

WP_20180817_17_42_16_Pro

8月18、19日、車に荷物を満載して

WP_20180818_12_58_26_Pro

甲州市の民宿「展望園」で恒例の駿遠倶楽部の夏合宿をしました

WP_20180818_16_08_18_Pro

軽便鉄道模型祭の事前運転調整が目的で、和室で広げると、けっこう大きく見えます

夕食は山梨名物「ほうとう」

WP_20180818_18_52_22_Pro

祭りまであと一カ月ほどになりました

 

 

 

出掛けてきました その2

浜松市博物館の見学を終え、町の中心部へもどりました

紺屋町バス停の真ん前に

3月8・9日浜松・照明学会_002

トミヤコーヒー店がありました

3月8・9日浜松・照明学会_003

喫茶店ではなく、コーヒー・紅茶・ココアの小売りをされているようです

私が普段自宅で飲んでいるのは「(株)トミヤコーヒー」

(株)トミヤコーヒーの浜松支店か?と思い

お店の御主人にお話を伺うと、「先代が戦前にトミヤコーヒーから独立した」とのこと

3月8・9日浜松・照明学会_004

店の中にはコーヒー焙煎機がど~んと据えられており

3月8・9日浜松・照明学会_005

もちろん店内禁煙

3月8・9日浜松・照明学会_007

御主人にいろいろとお話を伺いながらコーヒーを点てていただきました

3月8・9日浜松・照明学会_008

一年間に「1000杯ほどコーヒーを点てるが、本当に美味しいと満足できるのはほんの数杯」とのこと

ご馳走さまでした

今朝は「トミヤコーヒー店」で分けていただいたコーヒーを楽しみました

 

 

怖いもの食べたい

2月24日(土)、ぎふチャンで「出川哲郎の充電させてもらえませんか?」 

(岐阜県はテレビ東京より遅れて放映)

塩尻市のB級グルメ「山賊焼き」を紹介していました

天気も良かったので早速塩尻市の「桔梗」へお昼を食べに出かけました

「桔梗」の山賊焼きは鶏の半身を唐揚げにしてあるとのこと

WP_20180302_13_20_54_Pro

手打ち蕎麦と山賊焼きが名物のようです

桔梗

やばいよやばいよシールも展示してありました

WP_20180302_12_52_41_Pro

山賊定食972円 丼メシ・味噌汁・漬物付

WP_20180302_12_53_05_Pro

キャベツの上にど~んと鳥の唐揚げが横たわっています(手前は粗塩)

松本周辺へ出かけた時はスーパーの惣菜コーナーで山賊焼きをお土産に買ってきますが

「桔梗」の山賊焼きは豪快!

やはり食べきれずに残りの肉を持ち帰り、今朝の朝食でいただきました

以前食べに行った元祖「山賊」の山賊焼き

塩尻から辰野へ回り3月2日辰野_006

荒神山公園から天竜川を望み

3月2日辰野_001

ナメクジのD5159

3月2日辰野_007

そしてひな祭りを見学しました

次は美味しいものを求めて、どこへ出かけましょうか?

 

 

 

 

金沢へ

陽射しが暖かくなってきたので金沢へ出かけました

WP_20180223_09_55_59_Pro東海北陸道の白川郷PA

駐車場を除雪した雪が周囲に溜まっています

WP_20180223_11_49_57_Pro

途中寄り道しながら昼前に金沢港の厚生食堂

前回は海鮮丼でしたので今回はフライ定食

wp_20180223_11_58_43_pro.jpg

こちらは一番人気の「近海フライ定食」900円

WP_20180223_11_56_46_Pro

日替わりは「メギスのフライ定食」800円

ごはん多めでご馳走さまでした

WP_20180223_14_32_55_Pro

金沢市内も山間部は雪がかなり残っています

WP_20180223_16_22_46_Pro

帰りの夕食は一度立ち寄りたかった「南砺市福野の円城」

1000円のラーメン定食が定番のようですが、昼めしでごはんをたくさん食べたので

ちょっと遠慮して

WP_20180223_16_27_09_Pro

ラーメン550円にホルモン350円

ラーメンには葱の代わりに玉葱が入っていました

ご馳走さまでした

富山県、石川県はごはんを食べに行くのにはちょうど良い距離です

そろそろ長野県へも出かけましょうか?⇒塩尻へ行きました

 

 

またもや富山方面へ

北陸の雪も一段落したようでしたので、またもや富山方面へ出かけました

高山⇒富山⇒立山町⇒滑川市⇒富山とまわり

昼は10数年ぶりに「麺専門店アラキ」

普通盛りでも麺の量は二玉ほどあり

WP_20180203_13_46_36_Pro

ホルモンうどん

WP_20180203_13_47_44_Pro

ホルモン中華

たいへん美味しくいただきました

帰り道、大沢野附近で空を見上げると

WP_20180203_17_08_46_Pro

大型のドローンが飛んでいました

2月3日大沢野ドローン_002

珍しいものを見ることができました

 

 

 

 

センター試験 その5

センター試験 高山問題を続けます

SN01410

問3 農林水産物について

高山で有名なもの

「朝市」「野菜」=ほうれん草・トマト 「肉用牛」=飛騨牛 「飛騨鰤」

昔は富山湾で上がった寒鰤を塩漬けして、越中街道を通って飛騨へ、さらに江戸街道の野麦峠を越え松本へと運ばれて「飛騨鰤」と呼ばれたようです

越中街道の終点が上二之町 川上魚問屋がありました

現在は高山市内のスーパーで塩漬けされて「塩鰤」として年末に売られており、年取りに食べます

WP_20171231_17_17_09_Pro

半養殖の塩鰤 一切れ1700円也(天然鰤はもっと高いです)

問題3の解答は「域内」「標高1000mをこえる山脈の峠を越え」⇒「松本」で④となります

今では高山でも富山からの新鮮な魚が入手できますが、富山・金沢・能登へと海鮮を食べに出かけています

 

牡蠣を食べに

19日、天気も良く、北陸の雪も一段落したようなので、能登へ牡蠣を食べに行くことにしました

東海北陸道、能越道で

WP_20180119_11_01_06_Pro

石川県と富山県境

前回は夏でしたので「岩牡蠣」でしたが

WP_20180119_11_49_03_Pro

七尾市中島町で看板を見つけた店に飛び込みで

WP_20180119_12_37_55_Pro

本当は予約が必要とのことでしたが、先客は1組でしたので入店できました

WP_20180119_12_38_08_Pro

メニューは「かきのフルコース」のみ

WP_20180119_11_55_31_Pro

牡蠣の炭火焼き(一人前10~12個だったか?)

焼けるのを待っている間に

WP_20180119_11_56_02_Pro

酢牡蠣(茹でてあります)

WP_20180119_12_09_24_Pro

プルプルに牡蠣が焼けて

WP_20180119_12_12_07_Pro

熱々の牡蠣フライに

WP_20180119_12_18_59_Pro

牡蠣めしに牡蠣の吸い物

満腹に、ご馳走さまでした

帰りは高速有料区間は使わずに富山経由でゆっくりと

WP_20180119_18_17_07_Pro

定食屋でまたもやたっぷりと食べて、帰宅しました

昨年末から氷見(寒ブリ)魚津(バイめし)、金沢(ホワイトギョウザ)そして七尾(牡蠣)と食べ歩きが続きました

 

 

 

 

魚津へ

今週も富山県へ出かけました

WP_20171222_11_55_10_Pro

富山から北陸道で魚津へ

WP_20171222_12_06_53_Pro

先週の海鮮丼 は彩りがイマイチだったのでネット検索してみつけた

魚津駅前の「海風亭」へ

海鮮丼も美味しそうだったのですが、「バイ飯定食(1000円)」を注文

炊き上がるまでに25分

wp_20171222_12_26_42_pro.jpg

(スマホ撮影はブレとピントがあまくて・・・)

WP_20171222_12_26_50_Pro

あつあつのバイ貝の釜めし 美味しくいただきました

魚津土産の定番は「立山雪渓」

http://www.hokurikumeihin.com/takaraya/index.html

いつもは「立山雪渓の割れ」を買うのですが、今日見つけたものは「きれはし」

wp_20171222_19_30_39_pro.jpg

砂糖菓子ですので形は崩れていても味は同じで300円也

さらに「ぼたちも」(150円)をおまけにくださいました

充実した魚津へのドライブでした

遊んでばかりで模型の話題がなくてすみません