山王地区文化展報告

21日(日)無事に今年の公開運転会を終えました

WP_20181021_13_09_34_Pro

左手、新藤枝駅、右手カーブを曲がると七軒町そして大井川駅

奥の180度カーブで折り返して根松駅へ

何度か周回をして、七軒町で停車

バックして新藤枝駅に戻ります

WP_20181021_12_49_57_Pro

DCC運転ですので、根松駅と大井川駅で列車交換しました

うまく速度調整をしておけば単行列車はほぼ、自動的に交換できました

WP_20181021_13_10_11_Pro

キハD20牽引の5連も順調に周回します

WP_20181021_13_40_59_Pro

キハD4もライトを点灯して走行しました

3Dプリント客車の走行試験ができましたので、追って頒布をお知らせいたします

追伸 アクリジョン塗装の失敗も何とかカバーできました

広告

上二ノ市 一日目

恒例の「上二ノ市」、今年は6回目となりました

9月1日上二ノ市_006

玄関に展示 軽便祭のポスターも貼りました

「飛騨高山」のポスターは昭和46年ディスカバー ジャパンの始まった年

最初に「飛騨高山」を売り出した貴重品です

9月1日上二ノ市_009

向いの二木酒造では「飛騨高山まちなみコンサート」が行われています

9月1日上二ノ市_016

新藤枝駅を3連でスタート

9月1日上二ノ市_034

慣らし運転の後、3連⇒4連⇒5連とだんだん編成を伸ばし、ついに6両編成の運転に成功

前後の気動車にはアドレスを同じに設定したデコーダーを積んであります

実際の海水浴列車では二人の運転手が乗務して、警笛の合図で牽引しました

9月1日上二ノ市_038

TMSと記念撮影「新藤枝駅・夏の記憶」が蘇りました

明日2日目は午前11時半~午後5時に公開運転の予定です

 

どんど焼き

丁字路を撮影後、日枝神社の「どんど焼き」へ出かけました

WP_20180114_08_58_46_Pro

ありがたいことに積雪は少なく

WP_20180114_12_38_55_Pro

中国人観光客も100名ほどが参拝と言うよりも観光に立ち寄りました

一人でお守りを5000円ほど買われた方もあり有難かったです

WP_20180114_11_15_04_Pro

昼飯は毎度の「うどん1.5玉+焼き餅」

午後は神明神社の正月祭に参拝しました

WP_20180114_13_55_04_Pro

晴天で白山も遠望できました

WP_20180114_14_19_46_Pro

だれが作ったのか可愛い雪だるま

WP_20180114_14_27_29_Pro

最後は直会兼新年会で平成30年の新年行事も無事に終わりました

WP_20180114_15_02_14_Pro

少し飲み過ぎて帰宅、「西郷どん」を見る元気もなく大いびきでした

 

細江区文化展 その8

文化展の2日目

地元の方が「自宅に遠州神戸の駅名標」を保管してあるとのこと

11月17~20日細江区文化展_108

拝見してきました

11月17~20日細江区文化展_111

板の厚さは30mmあり、両面に駅名が書いてあり、奥に写っている木製架台に納めて飾っているとのことでした

11月17~20日細江区文化展_114

「大水の時は大井川木橋では列車を降りて、道路橋を歩いて渡り、対岸で再度列車に乗った」

「東海道本線を越える坂道は、列車を押した」

予想以上の方々から貴重なお話を伺うことができました

午後3時、無事に2日間の文化展参加を終えることができました

小学校の同期、親戚の方々など、大勢の皆さんにもお目にかかることができました

皆さんありがとうございました

今年は「根松駅」を作りました、次のお題を考えます

 

細江区文化展 その2

細江コミュニティセンターで午後2時半から5時までかけて、モジュールを組立ました

WP_20171117_16_57_16_Pro

7月の糸魚川ジオパル運転会と10月の山王文化展での接続を参考にして、終端の新藤枝駅とエンドレスは大井川木橋と根松駅で構成しました

レイアウトの周囲には写真集や説明板も展示しました

カーブの中の猿の人形については後ほど

上二ノ市ですが?

今年も恒例の「上ニノ市」が26・27日(土・日)に開催されます

26日(土)は小規模でも公開運転会を開きたいと思っていますが、出来るかどうかは?です

27日(日)は午前中は神社の奉仕作業、午後はお寺の奉仕作業がありますので、公開運転は中止とします

昨年の様子は

https://hiratakm.wordpress.com/2016/08/27/%e4%b8%8a-%e4%ba%8c%e3%83%8e%e5%b8%82%e3%80%80%ef%bc%91%e6%97%a5%e7%9b%ae/

「是非お出かけください」と言えないところが辛いです