ZBrushCore その4

ZBrushCoreから.objでエクスポートして123D Designでインポートします

sn01008

そして.stlでエクスポートして

sn01009

チェックすると、描いた土偶のサイズはvery small(about4.864mm)也

sn01010

Shellsは1でOKでした

%e5%9c%9f%e5%81%b6

スマホの3D Builderでもグリグリできました

これで3DCGで描いたものが3DCADで見ることができます

 

Inkscape その1

 

Inkscapeのテキストを見ながら練習中

sn00716

ペイントと違い機能が高い分、複雑です

sn00717

JWCADで描いた火の見櫓のデータを.dxfに変換して、Inkscapeで開いてから.svgで保管してnorigonさんへメールで添付送信すると

http://norigon.cocolog-nifty.com/blog/2016/12/post-11aa.html?cid=139255489#comments

新兵器レーザーカッターで挑戦中です

シルエットカメオでのカットよりも精度が良さそうです

組み立てると「滝越の火の見櫓」が完成します

https://hiratakm.wordpress.com/2012/11/10/%e6%9c%a8%e6%9b%bd%e3%80%80%e6%bb%9d%e8%b6%8a%e3%81%ae%e7%81%ab%e3%81%ae%e8%a6%8b%e6%ab%93/

 

 

 

工作とパソコンソフト

鉄道模型の工作には「道具」としてのパソコンソフトがかかせません

「ペイント」で使っている主なソフト(アプリ)をまとめてみました

SN00631.png

上段が3DCAD系、中段左が3DCG系、下段がお絵かき系

そして中段右が一番使用頻度の高いお役立ちツールです

赤の□で囲んだものは有料ソフト、青□は期間限定の体験版

☆マークはこれから練習してマスターしたいものです

皆さんに工作用にお薦めするのは

詳細の説明はしませんが(全部を理解しているわけではありませんので)

1.JWCAD 車両を描き⇒シルエットカメオでカット

文字を描き⇒インレタ作り

もともとは建築設計用ソフトですので建物造り

2.DesignSparkMechanical    3DCADとしては比較的パソコンが軽く動きます

3.ラベルメイト ニチバンのシール印刷用ですが、「看板類」を描くのに便利です

☆マークのソフトを習得すると、3Dプリントやレーザーカッター用のデータ作りが可能です

皆さんも新しいことを始めてみてください

私自身もまったく手つかずですが、Blenderの画面を見ると未知の世界が広がっているようでわくわくします

SN00628.png

 

 

藤枝駅前のアーチ看板 その2

図面に合わせてプラ板を切り抜き(途中の写真は撮影していませんでした)

%ef%bc%91%ef%bc%90%e6%9c%88%ef%bc%91%ef%bc%99%e6%97%a5%e3%82%a2%e3%83%bc%e3%83%81%e7%9c%8b%e6%9d%bf_002

0.5tプラ板・アクリル□棒・5φ〇プラパイプ・3Φ〇プラ棒(5Φの中に挿してあり)

レインボーLED・定電流ダイオード・1KΩ抵抗

%ef%bc%91%ef%bc%90%e6%9c%88%ef%bc%91%ef%bc%99%e6%97%a5%e3%82%a2%e3%83%bc%e3%83%81%e7%9c%8b%e6%9d%bf_003

写真用紙にアーチ絵をプリント・OHPフィルムに「藤枝市」(藤色)プリント

以上、組立材料が揃いました

(ブログタイトルの写真を変更しました)

 

3D人形 配置

人形の所作に合わせて配置をする作業は楽しいです

%ef%bc%99%e6%9c%88%ef%bc%92%ef%bc%99%e6%97%a5%e4%ba%ba%e5%bd%a2_001

待合室の床は大理石の市松貼り、売店にも商品を並べました

ベンチを置いて人形を座らせ、出札口では切符を買い

%ef%bc%99%e6%9c%88%ef%bc%92%ef%bc%99%e6%97%a5%e4%ba%ba%e5%bd%a2_002

改札口へ向います

人形の影が良い感じです

%ef%bc%99%e6%9c%88%ef%bc%92%ef%bc%99%e6%97%a5%e4%ba%ba%e5%bd%a2_008

これだけでも13人、増員する必要もありそうです

エコーのリヤカー

忙しい中、ちょっとした工作をと・・・

初めてエコーのリヤカーを組立ます

%ef%bc%99%e6%9c%88%ef%bc%91%ef%bc%96%e6%97%a5%e3%82%a8%e3%82%b3%e3%83%bc%e3%81%ae%e3%83%aa%e3%83%a4%e3%82%ab%e3%83%bc_001

平面を折り曲げて立体にする、エッチング板ならではのキットです

%ef%bc%99%e6%9c%88%ef%bc%91%ef%bc%96%e6%97%a5%e3%82%a8%e3%82%b3%e3%83%bc%e3%81%ae%e3%83%aa%e3%83%a4%e3%82%ab%e3%83%bc_002

これだけ細いとシルエット カメオのカッティングでも多分追いつきません

3DCADで描けても、強度のあるものはプリントできないようにも感じます

「スポーク」の両面エッチングには感心しました

%ef%bc%99%e6%9c%88%ef%bc%91%ef%bc%96%e6%97%a5%e3%82%a8%e3%82%b3%e3%83%bc%e3%81%ae%e3%83%aa%e3%83%a4%e3%82%ab%e3%83%bc_003

「タイヤガード」の折り曲げでつまずきました

sn00433 sn00435

「車軸受け(赤〇部)」の谷折りをしようとしたら、柱(青〇部)の根本があまりにも薄くて、力負けして切断しました

ロープ掛け(緑〇部)も柱の切断が無ければ、きれいに折り曲げできたのですが・・・

車軸受けの谷をもう少し深く筋彫りしておいてから曲げ起こし、そのあとで両側の柱を立てるか・・・機会があればもう1台挑戦したいです

結局、ど壺にはまり、「ちょっとした工作」ではすまなくなりました・・・・