第15回軽便鉄道模型祭 報告

9月28日(土)午後、鉄道讃歌を聴講 夜は懇親会

そして翌29日(日)午前8時半から準備開始して11時に開場

ツイッターで現地報告と書きましたが、ほとんどツイートできませんでした

今年のテーマは「列車運転を楽しもう!」ですDSCN3533

DB501の牽引する客車列車

その奥は3Dプリント製客車群

DSCN3503

「さようなら駿遠線」の5連

軽便鉄道模型としては長大列車を走行することができましたが

安定走行には、3Dプリント製客車への荷重をさらに増す必要がありました

DSCN3517

Tさんの「新藤枝付近の第3前島踏切」

阿形昭さんの写真集を参考に制作されています

DSCN3506写真家 諸河 久氏の作品を再現した「相良のカーブ」

DSCN3522

norigonさんは「新藤枝駅 大手線ホーム」を新規に作り、大手駅間の自動往復運転

DSCN3486

そして駿遠倶楽部メンバーの息子さんが作った

特別出展「プラレールで駿遠線」DSCN3509

DSCN3485

親子の葛藤もあったようですが・・・楽しく作った結果が「一番新鮮」な出来だったと感じました

それにしてもプラレールの進化には驚きました

DSCN3499

若干、付け焼き刃だった「DSair2」を使ったDCおよびDCC運転

開場前にタブレットの設定をしましたが、扱い方に戸惑うことも度々でした

写真はDSair2からD101に切り替えて運転中

開場前はDSair2のWi-Fiがつながっていましたが本番の途中から途切れてしまいました

そして閉場前の5時半過ぎからはDSair2が復旧しました

Desktop Stationさんのお話では「混雑する時は中継器を接続した方が良い」とのこと

今後の課題となりました

午後6時、タブレットから「蛍の光」を流してのさようなら列車、無事に大井川駅に到着しました

ご来場いただいた皆様、楽しんで頂けたでしょうか

「駿遠倶楽部資材課」でのご購入もありがとうございました

3Dプリント製台車枠など多少在庫しています

DVD「駿遠線の記録」は私が中学生~高校生の時に8mmフィルムで撮影した映像をデジタル化したものです

20191002SS00002

ご希望の方はkurumayakeiben□hotmail.co.jp(□を@に替えて)からお問い合わせください

軽便鉄道模型祭スタッフの皆様、たいへんお世話になりました

そして駿遠倶楽部メンバーの皆さん、一緒に遊んでいただきありがとうございました
来年を目指して早めに次の案を考えましょう

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

第15回軽便鉄道模型祭 報告」への2件のフィードバック

  1. norigon 2019年10月3日 / 10:44 PM

    お疲れさまでした。
    やっと体調が回復してきました (^^;

    毎年バタバタで来年こそはと思うのですがなかなかうまくいきませんです。。

    いいね

  2. くるまや軽便鉄道 2019年10月6日 / 8:31 AM

    毎年「軽便祭」と言う〆日に向けて毎日を過ごしているようなものです。今年は駿遠倶楽部も賑やかに展示できました。
    ありがとうございました。来年は二つ山がありそうです。

    いいね

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中