龍の胴幕

昨年3月31日の屋台やわいときに「龍の胴幕」を見つけました

実はこの「龍の胴幕」は文化年間に描かれた「山王祭行列絵巻の鹿島踊」のデザインと同じでした

3月31日鳳凰臺屋台蔵収蔵品_001_01

飛騨高山まちの博物館の許可を受けて撮影

今日、4月16日 屋台片付けのあと、実際に屋台に飾り付けて検証することにしていました

DSCN2767

胴幕を取り付けてみると、当時の屋台は現在に比べて、多少小さいようでした

DSCN2770

高山の屋台の胴幕は「赤色」が多い中、青幕は落ち着いた色です

5月1日の令和改元の記念曳き揃えには約200年の龍の胴幕を飾り付けてご披露します

今日のTV放送、明日の新聞にご注目ください

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中