ワンコインDCC その2

ワンコインデコーダの半田付けをしました

まずはPICマイコンへの書き込み用基板から

6月8日まで_013

裏面

6月8日まで_012

ICソケットはプリント基板の穴へ差し込んでから半田付けしますので、簡単にできました

デコーダ用プリント基板への電子部品は「表面へ半田付け」します

6月17日まで_003

右側 PIC12F1822  中央 チップコンデンサ10μF  左側フルブリッジドライバ DB6231F-E2

6月17日まで_004

3端子レギュレータの赤〇部分の半田付けを忘れており追加半田しました

6月17日まで_001

KATOのDCS50KでCV値を読み取りましたが、20個の内数個に不具合がありました

半田付けの修正を繰り返し、すべてOKとなりました

「確実な半田付け」が肝でした

 

 

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中