センター試験 その4

第2問です

SN01409

高山市は標高500m~3000mに位置しています

①旧高山市の人口密度は周囲より高位、周辺の旧町村が中位となっており、旧高山市への通勤圏です

よって①は〇

②旧高山市の東の旧高根村、西の旧荘川村の老年人口割合が高位。

よって②も〇

③中心部の平均世帯人員数が低位にあると言うことは、核家族世帯や単身世帯の割合が高いことであり③は×

中心市街地は高齢化と空き家が増えて祭りの担い手不足になっています

伝建地区の建物は、約130年~200年も経っており、実生活では不便な面もあり、観光客相手の店舗になったりで夜間人口は特に少ないです(中心市街地の人口密度は実際には低位)

と言いつつも、このブログは「130年前に建てられた一室をリフォームした快適な環境」で書いています

先日、光回線になり通信環境も整いました

④縁辺部も同様に平均世帯人員数が低位になり、「若年層の流出や高齢者の死亡にともなう世帯人員の減少」これは〇ですが、特に若者の働き場所が無いために若年層の流出が目立ちます

②と④から判るように、縁辺部は限界集落に近づいています

問題2の解答は「×の③」となります

 

 

 

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中