センター試験 その1

昨日(14日)朝一番で朝刊を見て・・・・

私「文字が細か過ぎて読めない!」

家内「昨年も同じことを言った!」

毎年の繰り返し・・・新聞にセンター試験の問題と解答が発表されています

なんと地理Bの問題に「高山市についての設問」がありました

WP_20180114_07_12_56_Pro

①上二之町から南へ向かう通りでは、・・・・丁字路(ていじろ)がつくられている

地図の見方を問う問題と思います

「南へ向かう」=「地図の下方向へ伸びている」

日本古来の「丁字路」=現代風「T字路」

自宅から200mほどの場所ですので、さっそく写真を撮影してきました

WP_20180114_07_43_59_Pro

現在正面は「高山市制記念館」になっています

丁字路を右に曲がり、中橋を越えると陣屋前にでます

左に曲がると

WP_20180114_07_45_01_Pro

正面に城山が望め、交差点を渡り左カーブの道が城坂です

高山城下町絵図」を見てみましょう

SN01397

(4)高山町絵図に赤〇印を付けてみました

この地図では右手が南方向になります

宮川に沿って商人町の4本の道が集まる要の場所です(「辻」と呼んでいます)

はたして「戦時の敵の移動を遅らせるため」でしょうか?

追って検証をしたいと思います

(絵図は高山市HPの画像から必要箇所を添付しました)

 

 

 

広告

3 thoughts on “センター試験 その1

  1. せんだいも 2018年1月16日 / 11:52 AM

    私も同じ疑問を持ちました。今の形になったのは、ずいぶん後のことだと思います。
    それにしても、平田さん、古い絵地図をお持ちですね。
    二之町から大手(現在の正雲寺坂)に至る地図はかなり古いと思います。

    いいね

    • kurumayakeiben 2018年1月16日 / 12:47 PM

      書き込みをありがとうございます。絵図は高山市HPに掲載されているものから必要な部分を抜き取りました。この丁字路の役目は現在の地図からの判断は難しいように思います。「苔川と並行する幹線道路(41号バイパス)に面して工業団地が造成されている」が地図上に工場らしき建物の記載がないので×となりますので、①の内容は合っていることになります。丁字路の周囲まで含めてみれば防御用の「桝形道路」の組み合わせ形と言えるかもしれません。

      いいね

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中