EF30のつづき

先日の軽便鉄道模型祭でKMCの杣人さんのDD501が5両客車を軽々と牽引しました

9月30日10月1日軽便祭_052

W工芸のDD501の車体にNゲージの動力を組込みDCCとしたとのこと

DD501も3Dプリントとも思いましたが、側面の換気網はやはりエッチングの方がすっきりと再現できていると思い、同様にW工芸製を組み立てる案ですすめることにしました

そこで

10月19日EF30_001

DD501の台車間距離(心皿中心距離)は5000mm

1/87では5000÷87≒57.5

Nゲージですので57.5×150≒8600が実車寸法となります

これが先日のコチラ

EF30の台車間距離が8800ですので

8800÷150≒58.7

そこで早速ヤフオクでEF30の動力ユニットを仕入れました

10月19日EF30_002

予想通り、台車間距離は約58mm

しかし

10月19日EF30_003

車輪径が6.3φでした

Nゲージの国鉄電気機関車の動輪径7.5φと思っていたのが誤りでした

軽便鉄道の資料は山ほど持っていますが、国鉄機関車の資料は手元にありませんのでEF30の実車の動輪径は分りません

TOMIX動力ユニットに「2101」との刻印がありますので、7.5φの動力台車への交換が可能かもと期待しています

 

 

 

 

広告

4 thoughts on “EF30のつづき

  1. dwarf 2017年10月19日 / 9:50 PM

    私も新型電機の動輪径は1120mmと思っていました。EF30は興味はあっても身近ではなかったので詳細な仕様は手持ちの資料にはありません。
    個人的にはギヤ関係を3Dプリントで作れるのではないかと試行しています。

    いいね

    • kurumayakeiben 2017年10月19日 / 9:58 PM

      EF30の動輪径は引き続き調べてみます。
      3Dプリントでギアボックスとギアを作り、蓋をパチンとはめ込む時の強度が心配です。
      3Dプリント素材の粘りがないように感じます。

      いいね

  2. ようめい 2017年10月20日 / 11:00 PM

    こんばんは。
    調べてみた所、直径1000mmな模様。それなので、模型の大きさは正しいのです。
    しかし、なぜEF30が1000mmなのかまでは分かりませんでした。

    いいね

    • kurumayakeiben 2017年10月21日 / 9:24 PM

      ようめいさん
      直径1000mmでしたか。ありがとうございます。
      台車交換で7.5φに変更可能なことがわかりましたが、もっと大変な加工が必要になりそうです。

      いいね

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中