ホーム断面

京商の角材1.5×2とタミヤのプラ板などを組み合せることにして

SN01155

ホームの断面図を描きました

駿遠線のホームの高さは低いので、設計上では7mm-PECOフレキ高さ3.5mm=3.5mmとなります

6月5日まで根松駅_002

実際にプラ材で組み立てたホームを置いてみました

根松駅の線路配置図をUPしていなかったので・・・こんなふうになっています

5月16日根松モジュール_007

サイズは1400×350です

5月16日根松モジュール_008

駅踏切側より、基板表面を田んぼとして多少凹凸をつけました

手前の接続部が「S-35J」です

 

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中