開田郷土館前

昨日は天気が良かったのでお出かけしました

昨年12月に開田郷土館前を通ったら、工事中でした

12月20日開田郷土館前_004.jpg

工事が終わり展示車両も並びましたが・・・

モリコーさんの願いは聞き入れられず

http://modellwagen.com/yomoyama/yomoyama1703.html

今までとおり「ボンネット側が前向き」のままでした

4月18日開田郷土館前_003

道路と並行に展示され、以前よりは目立つようになりました

4月18日開田郷土館前_006

 

 

 

高山祭 報告 その3

夜祭りが始まりました

空はまだ明るいです

WP_20170414_18_35_25_Pro

上一之町通りを下ります

WP_20170414_19_05_46_Pro

安川通りに勢揃いして(と言っても写真に撮っていませんでした)

WP_20170414_19_25_16_Pro

9時頃、鳳凰台組の上二之町に戻ってきました

WP_20170414_20_49_57_Pro

提灯の明かりもきれいです

 

高山祭 報告 その1

 

昨日(15日)春の高山祭を終えました

毎日朝から時間に追われ、ブログの更新ができませんでした

まずは13日朝

WP_20170413_10_14_09_Pro

赤い中橋のたもとにある「御旅所」の飾り付けをすませました

WP_20170414_08_29_15_Pro

14日午前8時半 日枝神社へ出仕

WP_20170414_08_39_09_Pro

境内ではカンカコカンの奉納

WP_20170414_10_36_55_Pro

そして9時から拝殿で祭りが斎行され

引き続き直会へ

WP_20170414_11_01_58_Pro

今年は接待担当なのでお酒は控えました

WP_20170414_12_03_32_Pro

12時、ご巡幸に備えて関係者が集まり始めました

 

 

 

ロストラインフェスティバルin神岡 その4

午後3時からは会場を「船津座」に移して

「日本ロストライン協議会 設立総会」と講演会が開催されました

4月8日ロストライン_045

そして「基調講演会」は

4月8日ロストライン_041

前 国務大臣地方創生・国家戦略特別区域担当 の衆議院議員 石破 茂氏

4月8日ロストライン_053

鉄道ファンとのことで以前は選挙区への往復はブルートレイン「出雲」に乗車

1年間に100往復、10年間では1000往復されたなど・・・

4月8日ロストライン_061

事例発表もあり、最後に調印式となりました

「小坂森林鉄道研究会」も加盟しました

明日は高山祭の準備、14・15日は祭り本番、16日は片づけ

忙しいのでブログ更新は不定期なります

 

ロストラインフェスティバルin神岡 その3

旧奥飛騨温泉口駅の構内と駅前には神岡鉱山で使われていた車両などが展示されています

4月8日ロストライン_016

神岡トロッ庫

立山砂防の機関車

4月8日ロストライン_014

そして

4月8日ロストライン_018

電気機関車

4月8日ロストライン_019

人車

写真は撮りずらくなりますが、屋根付での保存は大切なことです

4月8日ロストライン_006

日本輸送機

4月8日ロストライン_005

片側の車輪は失われています

こんな車両を模型化するには、動力をどうするか?悩みそうです

 

 

ロストラインフェスティバルin神岡 その1

昨日は、小坂森林鉄道研究会のメンバーと一緒に「ロストラインフェスティバルin神岡」へ出かけました

http://lostline.rail-mtb.com/

あいにく小雨の降る中

「おくひだ1号 第1便」から「第3便」まで奥飛騨温泉口駅構内で見守りました

4月8日ロストライン_001.jpg

平成18年11月、廃止直前に神岡鉄道に乗りました

https://hiratakm.wordpress.com/2006/11/05/%e7%a5%9e%e5%b2%a1%e9%89%84%e9%81%93%e3%80%80%e3%81%9d%e3%81%ae%ef%bc%91/

(古い記事のため、画像は削除しています)

今回のイベントに向けて昨年10月に「おくひだ1号」の保管状態を調べたらエンジンが駆動したため、動態保存に向けて修理をしたとのことでした

4月8日ロストライン_012

30分毎に往復運転

4月8日ロストライン_027

線路沿いには地元の方々や鉄道ファンがカメラを構えています

4月8日ロストライン_023

車庫内で保管されていたので、車体はたいへんきれいでした

 

 

 

シェル

3DCADおよび3Dプリントでは「シェル」と言う用語がでてきます

「シェル」とは「ひとつの3次元形状」のこと

SN01129

http://blog.ricoh.co.jp/3dp/2016/11/3d-33.html

インターカルチャーのHPでは

SN01126

「シェルは1つ」がプリントの条件となっています

http://inter-culture.jp/Create/3dprint_3d-data02.html

ただし、ふたつの形状を別々にプリントする場合は当然1シェルではありません

たとえば

SN01128

これは2シェルです

これを重ねただけでは

SN01122

2shellsです

一体化すると

SN01121

1shellsとなってOKです

この二つのデータをDMMにUPすると

SN01125

共にデータチェックではOKとなります

こちらは2シェルの内容

SN01123

1シェルでは

SN01124

サイズは同じですが、体積が異なっています

マメウサギさんが多シェルの状態でプリント依頼をされました

http://mameusagi.blog.so-net.ne.jp/

どのような形状でプリントされてくるのか?ご報告を待っているところです