駿遠線 キハD5  今年はここまで

駿遠線キハD5を描いています

sn00844

運転台角の窓枠が広すぎるように感じて・・・修正しました

sn00847

上段はJWWで描いた元図面、中段は角の面取り小、下段は面取り大です

面取りは側面からではあまり違いが判りませんが、もう少しイメージを見直します

sn00851

台車枠を付けていないので、特に車輪径6Φでは小さく見えます

猫屋線キハ5も同じようなスタイルです

ここで問題が発生

sn00848

動力ユニットTM-07Rと車体が干渉しました

3DCADではこの辺りの確認は簡単です

sn00849

半割り画像で見ると、動力ユニットが車体に食い込んでいます

sn00850

ほんのわずかですので、車体の厚みを薄くして、TM-07Rの角も削るか?

それだけでは、取付ビスの頭も車体に当たるかも?

ビスでの固定をあきらめた方が良いかもしれません

動力ユニットを17m級から16m級に変更すると、軸間16mmの製品はありません

今年の工作はここまで

3DPDFをご覧ください

%e3%82%ad%e3%83%8f%ef%bd%84%ef%bc%95%ef%bc%8d14%e5%b9%b2%e6%b8%89%e7%a2%ba%e8%aa%8d

1年かけて作った「新藤枝駅モジュール」が今年の成果でした

駅舎の窓枠は3Dプリントで作り

%ef%bc%97%e6%9c%88%ef%bc%92%ef%bc%91%e6%97%a5%e6%96%b0%e8%97%a4%e6%9e%9d%e9%a7%85%e8%88%8e_007

外壁はアクリル板をレーザーカッターで窓抜きしました

%ef%bc%97%e6%9c%88%ef%bc%91%ef%bc%94%e6%97%a5fabcafehida_017

最新技術で思い出の「新藤枝駅」を再現できました

%e3%82%a2%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%ab%e3%82%b1%e3%83%bc%e3%82%b9%ef%bc%92

焼津市歴史民俗資料館の企画展「よみがえる軽便鉄道~駿遠線の軌跡をたどる~」は1月29日(日)まで開催されています

是非、焼津へお出かけください

http://www.city.yaizu.lg.jp/rekimin/20160930.html

ブログ「くるまや軽便鉄道」にお立ち寄りいただき、誠にありがとうございました

来年も引き続き宜しくお願いいたします

皆さま、良いお年をお迎えください

新年の更新は不定期になります

 

 

 

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中