猫屋線を1/87で その2

3Dプリントで猫屋線のコピー車両を作るつもりではありません

今人気の猫屋線キハ5を題材にして、「フリーソフト」にこだわって、3Dプリント用のデータを作る方法を探しながら紹介している次第です

3DCADソフトは123D DesignかDSMが使い慣れているので

JWCADで描いて

sn00644

.dxfで保存します

次はInkscapeで.dxfを開きます

sn00645

sn00647

そしてそのまま.svgで保存します

sn00649

sn00648

.svgを開く3Dソフトは123D Designを使い「スケッチとしてSVG」

sn00650

sn00652

すると、SVGファイルを選択画面が出てくるので

sn00653

Inkscapeを選び

sn00654

123D Designで開けました

いよいよ厚みを付けていきます

sn00655

側板を1mm押し出しました

ところが・・・・

sn00656

ここで固まって、進みません

123D Designはスケッチから立体にするには処理が驚くほど時間がかかります

どうしましょうか?

 

 

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中