上町遺跡 発掘調査現場見学

飛騨市古川町上町(かんまち)の「上町遺跡第49次発掘調査現場」の見学会へ出かけました

sn00498

栗原神社の参道前

%ef%bc%91%ef%bc%91%e6%9c%88%ef%bc%91%ef%bc%95%e6%97%a5%e5%8f%a4%e5%b7%9d%e7%94%ba%e4%b8%8a%e7%94%ba%e9%81%ba%e8%b7%a1%e4%bb%96_016

水路工事が行われています

%ef%bc%91%ef%bc%91%e6%9c%88%ef%bc%91%ef%bc%95%e6%97%a5%e5%8f%a4%e5%b7%9d%e7%94%ba%e4%b8%8a%e7%94%ba%e9%81%ba%e8%b7%a1%e4%bb%96_010

事前調査で遺跡が見つかっており、水路工事に合わせての発掘だそうです

%ef%bc%91%ef%bc%91%e6%9c%88%ef%bc%91%ef%bc%95%e6%97%a5%e5%8f%a4%e5%b7%9d%e7%94%ba%e4%b8%8a%e7%94%ba%e9%81%ba%e8%b7%a1%e4%bb%96_002

竪穴住居が4棟見つかっているようでうが、素人には見分けがつきません

黄色のスケールが置かれているあたりが「カマド跡」

%ef%bc%91%ef%bc%91%e6%9c%88%ef%bc%91%ef%bc%95%e6%97%a5%e5%8f%a4%e5%b7%9d%e7%94%ba%e4%b8%8a%e7%94%ba%e9%81%ba%e8%b7%a1%e4%bb%96_003

須恵器が発掘されたから年代は「奈良から平安にかけて」

%ef%bc%91%ef%bc%91%e6%9c%88%ef%bc%91%ef%bc%95%e6%97%a5%e5%8f%a4%e5%b7%9d%e7%94%ba%e4%b8%8a%e7%94%ba%e9%81%ba%e8%b7%a1%e4%bb%96_013

見学中にも発掘作業が続けられており、器の蓋も見つかりました

(左側は水道管)

%ef%bc%91%ef%bc%91%e6%9c%88%ef%bc%91%ef%bc%95%e6%97%a5%e5%8f%a4%e5%b7%9d%e7%94%ba%e4%b8%8a%e7%94%ba%e9%81%ba%e8%b7%a1%e4%bb%96_006

掘削された底から現在の地表まで約1400年

その間の地層にラインを入れて示してあります

このような黒土には有機物が含まれ、人間の暮らした証しで、生活するために人の手によってだんだんと埋め立てられてきたとのこと

「須恵器の破片」は当時のゴミ、ゴミが年代を現わしており、「缶・ビンなど」が出てくれば「現代に埋めた地層」だそうです(納得しました)

縄文時代から奈良時代ごろまでは、一般庶民は「竪穴住居」で生活を続けていたようです

 

 

 

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中